` マレーシアは、パンデミック時にパーム油を消費することに対するWHOの勧告を批判- Olive Oil Times

マレーシアはパンデミックの最中にパーム油を消費することに対するWHOの勧告を批判

5月。 7、2020
コスタス・バシロプロス

Recent News

世界保健機関の東地中海地域事務所は、成人消費者向けの栄養勧告を発表しました。 COVID-19アウトブレイク ロイター通信によると、パーム油やココナッツ油の代わりにオリーブ油、ヒマワリ油、キャノーラ油を摂取することを示唆している。

WHOの事務所は、生鮮食品と未加工食品の毎日の部分を含むバランスの取れた食事をとっている人々は言った ​,war免疫システムが強く、慢性および感染症のリスクが低いため、健康になる傾向があります。」

消費者はまた、パンデミック中の脂肪肉、クリーム、バター、パーム、ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪を避け、代わりに魚、ナッツ、アボカド、オリーブ、ヒマワリ、キャノーラに含まれる白身の肉や不飽和脂肪を選ぶべきです。オイル。

マレーシアは、インドネシアに次いで-番目に大きなパーム油生産国であり、政府間組織がパーム油の代替品を宣伝していると非難し、一部の国でその重要性を主張しました。

主要なカロリー源としての食餌性脂肪に関して、WHOは最新の勧告を通じて、パーム油を払いのけながら特定の商品油を宣伝するという以前の同じ井戸に再び陥りました」とマレーシアパーム油評議会(MPOC)のCEO、KalyanaSundramは述べています。 )、言った。

アジアやアフリカの大部分の場合のように、脂肪の消費量がWHOの推奨値を下回っている国では、健康への焦点が異なります。 栄養失調(および感染症への感受性の増加)を防ぐために、信頼性が高く、持続可能で手頃なカロリー源を提供する必要性が最も重要です。」

Sundramはまた、WHOは ​,war根本的に異なる健康管理のアイデア」を繰り返す代わりに ​,warロイター通信はその報告書で述べた。

パーム油は多くの食品の添加物として広く使用されていますが、レストランが閉鎖された後、多くの国でコロナウイルスの封鎖により需要が急激に減少しています。 インドネシアとマレーシアも、先住民の森をヤシの木のプランテーションに置き換えることを環境保護論者の標的にしています。



関連ニュース