`オリーブオイル評議会がモロッコで会合- Olive Oil Times

モロッコで会うオリーブオイル評議会

6月26、2010
ダニエルウィリアムズ

Recent News

ダニエル・ウィリアムズ
Olive Oil Times 貢献者 | バルセロマからの報告

国際オリーブ油評議会は先週、モロッコのエッサウィラで、th 臨時の再会。 -日間の出会いの中で、業界の専門家、生産者、消費者、農業科学者を含む国際的なオリーブオイルコミュニティの重要なメンバーが、オリーブオイルの現在価値をめぐる活発な議論に参加し、今日の消費者プロファイルに反する現在の価格を評価しました。

今週の火曜日、6月22nd 経済委員会は、2008年から2009年および2009年から2010年の収穫に関する情報を共有するために会合し、世界中の現在の内外の価格を変更する本当の必要性について話し合った。 委員会は、来たる-月の再会で必要な変更または価格変更を制定することに同意しました。 経済委員会はまた、ボトルのラベルにオリーブオイルの国または原産地を含めることを取り巻く問題を議論するグループセミナーの設定で会合しました。

水曜日、23rd 広告と金融の専門技術委員会は、昨年-月のマドリードでの会議以来積極的に開発しているプロモーション活動のリストを発表しました。 同様に、さまざまな国がすでにそれに続いており、国内外でオリーブオイルを宣伝するための主要な広告キャンペーンを開始しています。

翌日、24月-日th IOOCが代表する18の代表団の会長が会合し、事務局長の地位の機能を議論しました。 最も重要なことには、これらの代表者は、イベントを開催した周辺のモロッコ地域の評価に参加し、北アフリカのオリーブ油産業をさらに発展させる計画について議論しました。

モロッコの新聞L'Economisteによれば、オリーブ産業はすでに約700,000ヘクタールのモロッコの土地を占めており、約100,000万人の常用雇用を生み出しています。 これを補うために、モロッコ代表団は独自のオリーブオイル拡張計画を発表しました。これは、モロッコのグリーンプランに加えて、オリーブオイルセクターを近代化し、モロッコでのオリーブオイルの生産量を年間約340,000トンに引き上げる手順を示しています。

広告

関連ニュース

フィードバック/提案