`シリア、ベネズエラ、オリーブオイル貿易協定に調印- Olive Oil Times

シリア、ベネズエラがオリーブ油貿易協定に署名

6月21、2010
ダニエルウィリアムズ

Recent News

ダニエル・ウィリアムズ
Olive Oil Times 貢献者 | バルセロナからの報告

数週間以内に、シリアの代表団はベネズエラに旅行し、両国間のオリーブオイル技術と情報の移転を承認する二国間条約を確認します。 この最近の協力は、シリアのような志を同じくする州との商業的およびその他の関係を強化するというウゴ・チャベス大統領のより大きな計画の一部です。

ベネズエラとシリアの関係は戦略的です。 ベネズエラの副大統領兼外相のニコラス・マデューロ・モロスは言った[1]。

マドゥロモロスは、同様の二国間商業プロジェクトの数を固めることを目的として、すでにシリアを数回訪問しています。 シリアとベネズエラの合同委員会は-月にこれらのプロジェクトの進捗状況をレビューし、オリーブオイル条約に特に重点が置かれました。

世界市場での新興生産者であり、アラブ諸国のオリーブオイル生産のリーダーとして、シリアは間もなくベネズエラの経済ネットワークを通じて南米全体に約-トンのオリーブオイルを配布する予定です。 ベネズエラ食品公社の副社長であるAníbalBarragánは、この共生関係が最終的に両国に利益をもたらすと主張しています。

この戦略的な経済協力から、Industrias Dianas(ベネズエラのオリーブオイル部門で最も重要な生産者)の大統領の保証を得て、ベネズエラの国民は間もなく割引価格でオリーブオイル製品にアクセスできるようになります。 これらの低価格は、南米でのオリーブオイル製品のより大きな需要への扉を開くと予想されます-シリアがすぐに満たすことを望んでいる需要。

このオリーブオイルイニシアチブを促進するために、双方は2011年-月にダマスカスでシリア-ベネズエラビジネスフォーラムを主催することを計画しています。

.

世界のトップオリーブオイル生産国におけるシリアの位置

生産 【2]消費 【2]-人あたりの年間消費量(kg)【2]
スペイン32%20%13.62
イタリア22%30%12.35
ギリシャ16%9%23.7
チュニジア7%2%11.1
トルコ5%2%1.2
シリア4%3%7
モロッコ3%2%1.8
ポルトガル1%2%7.1
アメリカ合衆国0%8%0.56
フランス0%4%1.34
その他10%18%1.18


  1. シリアアラブ通信社: ​,warビラル、ベネズエラの副社長が協力の見通しについて話し合う
  2. 貿易と開発に関する国連会議 2005


関連ニュース

フィードバック/提案