`ダルミアはインドのオリーブオイル需要の高まりを引用- Olive Oil Times

ダルミア、オリーブオイルのインドの需要拡大を引用

11月12、2012
ヴィカス・ビジ

Recent News

VNダルミア(OOTファイル)

インドオリーブ協会会長 VNダルミア は、同国のオリーブオイルの輸入量が今会計年度で10,000トンに達すると予想されていることを発表しました。これは、前年比で45%近くの増加に相当します。 輸入の急増は、ニューデリーやハイデラバードなどの主要なインドの都市でのオリーブオイルの消費の力強い成長を背景にしたと彼は述べた。

2011-12会計年度では、 インドのオリーブオイル 6,900トンで、その約80%はスペインとイタリアからのものでした。 2012年の2,300月から-月の四半期の輸入は-トンであり、オリーブオイルの需要の高まりについて楽観的な見方を示しました。

昨年のテーブルオリーブの輸入はほぼ安定していましたが、2012年には大幅な伸びを示しました。2011年のテーブルオリーブの輸入は合計625トンでしたが、616年の最初の2012か月ですでに-トンに達しました。

ダルミアによると、北インドはオリーブオイルの需要が急増している主要市場です。 ​,war大まかに言えば、北インドはオリーブオイルの最大の消費者であり、デリーと北インドの他の地域との間の分割は50:50です。 続いて南インドが続き、ハイデラバードが最大の消費者であり、バンガロールとチェンナイがそれに続きます。 西インドでは、ムンバイが最大の消費者です」と彼は言いました。

励ましにもかかわらず、10,000トンは、このような膨大な人口にとって驚くほど少量であり、1人あたり年間約小さじ1 2/-杯であり、そのほとんどが ​,war国に輸入されたオリーブオイルは技術的にはオリーブオイルではなく、オリーブです 搾りかす 油。

オリーブ搾りかす油は、カノーラや他の種子油の製造に使用されるのと同じ精製プロセスでのオリーブ油生産副産物から得られる最低の食用グレードの油です。 国際規格はそれをタイプとして分類していません ​,warオリーブオイル」—それは独自のクラスです。 ながら オリーブ搾りかす油 ココナッツオイルやピーナッツオイルのような不健康な種子油を伝統的に使用してきた(そしてその結果、心血管疾患の発生率が世界で最も高い)インド人にとってはまだ一歩であると、インド人はより良い価値があると言う批評家がいます。

品質が重要です。
お近くの世界最高のオリーブオイルを見つけてください。

スペインのオリーブオイルとオリーブ搾りかすオイルの輸入の主なソースはスペイン、イタリア、トルコです。 ギリシャ、シリア、チュニジアのシェアは小さい。

Leonardo、Figaro、Borges(Cesarを含む)は、全国の年間小売売上高の60%以上を占める-つの主要ブランドです。 RS、Bertolli、Del Monte、Fragata、Colavita、Athenaは、インド市場で販売されている他のトップブランドの一部です。



関連ニュース

フィードバック/提案