`Grupo SOS、日本でベルトリオリーブオイルの販売契約を締結- Olive Oil Times

Grupo SOS、ベルトリオリーブオイルの日本での販売契約を締結

8月2、2010
ダニエルウィリアムズ

Recent News

ダニエル・ウィリアムズ
Olive Oil Times 貢献者 | バルセロナからの報告

スペインのリーダーGrupo SOSが日本の輸入業者とベルトリオリーブオイルの楽観的流通取引を開始

スペインのGrupoSOSは、Japan Europea Trading Company(JET)と販売契約を結び、地中海製品を全国の主要都市に販売することに特化した販売ネットワークを構築しています。 この契約は、Bertolliブランドのオリーブオイルの特定の販売に基づいており、JETは日本のホテルやレストランでこの製品の存在感を高めることを望んでいます。

ベルトリーオリーブオイルブランドを宣伝するために、JETは日本の主要都市で多くの料理コースを開催します。 マーケティングプロジェクトは、オリーブオイルが至る所に存在する地中海料理を普及させることを目的としています。

スペインのGrupoSOSは、重要でない事業の処分の一環として、500年にロンドンを拠点とする食品生産者であるユニリーバからBertolliオリーブオイル事業を2008億ポンドで買収しました。 それにもかかわらず、ユニリーバは、マーガリン、冷凍食品、パスタソースなどの他の製品のBertolliブランド名を保持しています。

現在、ベルトーリはすでに日本でかなりの5%の市場シェアを持っていますが、Grupo SOSのオリーブオイルの完全なセットは、ベルトーリ、カルボネル、カラペリを通じて日本のセクターの12%のシェアを持っています。 Grupo SOSによると、将来はさらに楽観的に見え、同社は今後5年間でさらに-%の市場シェアの増加を予測しています。

毎年、日本はオリーブ油の30,000トンを輸入しており、アジアで最大のオリーブ油の買い手であり、世界で3番目に大きい買い手です。

Grupo SOSは、スペインとヨーロッパの市場で多様な主要ブランドを結集する食品業界のスペイン企業です。 主な製品は米、オリーブ、オリーブオイルです。 今日では、年間売上高で-番目に大きいスペインの食品事業です(Ebro Pulevaに次ぐ)。 Grupo SOSは、ロンドン証券取引所にコードSOSで上場されています。

広告

関連ニュース