`インドのオリーブ協会の会議で楽観論がいっぱい- Olive Oil Times

インドのオリーブ協会の会議で楽観主義が豊富

1月25、2012
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

1月13、2012、ニューデリーでのインドオリーブ協会の年次総会でのフューチャーグループのKishore BiyaniとVN Dalmia。

先週、インドオリーブ協会の年次総会でスペイン、イタリア、ポルトガル、シリア、ヨルダンの大使がゲストとして表彰されました。

ニューデリーのホテルでの金曜日の夜の会議は、インドオリーブ協会のVNダルミア会長と、多国籍企業のボルヘス、カーギル、デルモンテのインド子会社の幹部を含む彼の執行評議会が主宰しました。

基調講演者は、大規模なディスカウントデパートとウェアハウスストアのチェーンを運営する非公開企業であるFutureGroupのCEOであるKishoreBiyaniでした。

Biyaniは彼の会社が ​,warオリーブオイルをインドの消費者に宣伝する際にリードしてください。 彼のオリーブオイル販売 ​,war声明によると、「ビッグバザール」チェーンは毎年100倍に設定され、推定Rsに達しました。 20年には2014クローレ(約-万ドル)。

Dalmiaは、インドのオリーブオイルの売上高が毎年50%以上増加していると報告しました。 彼は2011年の輸入総額が6,000年の4,000トンから2010トンに達すると予想した。

それにもかかわらず、これらはインドの1.2億人にとって信じられないほど少数であり、それぞれが平均して、オリーブ由来の油を大さじ1/4ずつ食べています。

売り上げの大部分はオリーブ搾りかす油でした。これは、残りの穴や皮膚から化学的に抽出された、呼べないグレードの食用油です。 ​,war「オリーブオイル」

最近ダルミアの会社 臨床試験を後援 インドの糖尿病財団と国立糖尿病・肥満・コレステロール財団によって実施され、一価不飽和脂肪の含有量が高くない他の油からオリーブ搾りかすまたはキャノーラ油に切り替えたインド人の健康上の利点を示しました。

ダルミアは、彼が言うことで知られている点を繰り返して、ほとんどのインド人はオリーブオイルは高価だと思っていたと言いましたが、 ​,war他の食用油の-分の-であり、-回再利用できます」、実際には小売価格の-分の-でした。

協会の副会長でボルヘス・インディアの責任者であるラジニーシュ・バシン氏は、数年前、中国はインドと同じように数千トンのオリーブオイルしか消費していなかったが、今日は約30,000万トンを消費しており、インド人も同じパターンに従うと予想していると付け加えた。今後数年間で。

広告

関連ニュース

フィードバック/提案