イタリアの新しい「オリオディローマ」PGIをめぐる論争

ラツィオ州のオリーブ油生産者の半分はDOP認定の対象であり、価値を失う可能性があります。 残りの半分は、新しく提案されたIGPからのみ得られます。 そして、一部の人々は、グループ間の論争が誰もががっかりさせると言います。

ラツィオ、イタリア
8月10、2018
ダニエル・ドーソン
ラツィオ、イタリア

Recent News

の設立をめぐる激しい戦いの後 ​,war'IGP Olio di Puglia '、National Olive Growers' Consortium(CNO)は、 保護された地理的表示 (IGP)認証。

今回の対決は、国の首都のある行政区域であるラツィオで行われます。 先週、ローマのハドリアヌス神殿で公開会議が開かれ、そこでUnaprolとOp LatiumがIGPOlio di Roma認定を主張し、この問題について公聴会を開きました。

100以上の自治体がすでにこのイニシアチブをサポートしており、これは特に保護された名前を持つ機会がなかった州や準州にとって大きなチャンスです」とUnaprolの社長であるDavidGranieriはイベントで述べました。

グラニエリと彼の支持者は、この地位のために2年以上農業省にロビー活動を行っており、彼らは地元の生産者に利益をもたらすと主張している。

宗派の認識は、価値を付加し、競争力を高める企業の利益のためのツールです」とグラニエリ氏は述べています。

農業省から承認が得られると、要求は欧州連合に移り、最終的な承認スタンプが求められます。

しかし、Appo Viterboの社長でCNOの副社長であるFabrizio Piniは、EUに急ぎすぎた場合、実際には生産者を傷つける可能性があると警告しました。

IGP Olio di Romaは、ラツィオのオリーブ栽培を発展させる絶好の機会となる可能性があります」と彼は会議に応えて述べました。 ​,warしかし、それは生産者にとってブーメランになるリスクがあると考えられてきました。」

PiniとCNOは、ラツィオの全地域を1つのIGP認定で覆うと、すでに確立されている保護された原産地指定(DOP)認定がすでに持っている効果を覆すと考えています。

DOP認定は、製品の特性の品質が地理的な場所によって決定され、自然要因と人的要因の両方が含まれることを意味します。 一方、IGP認定は、プロセスの少なくとも一部が指定されたエリアで行われることを示します。 後者は、前者よりも広い範囲の領域をカバーする傾向があります。

-つの認証の定義のこのわずかな違いにより、PiniとCNOは、潜在的なIGP認証が地域ですでに実施されているDOP認証の価値を下げることを懸念しています。

CNOのスポークスマンであるPasqualeScivittaroは、次のように述べています。 Olive Oil Times これらの理由により、Olio di Roma IGP認定は一部のオリーブ油生産者を傷つける可能性が高いと考えています。

IGP Olio di Romaは、今では品質と卓越性の象徴ではありません」と彼は言いました。 ​,warラツィオの品種以外に[特定の油で]使用された品種の起源は定かではなく、価格は大幅に下がるリスクがあります。」

現在、ラツィオの行政地域内には4つの DOP認定:Sabina、Tuscia、Canino、およびColline Pontine。 ただし、オリーブの木は約25,000エーカーで、この地域の約半分にあたり、これら-つでカバーされていないため、恩恵を受けていません。

グラニエリと彼の支持者がIGPによって大いに助けられると信じているのは、これらの離れたエーカーです。

IGP Olio di Romaプロジェクトの目標は、既存の断片化を克服し、すべての地域制作の起源と品質を向上させることです」とGranieri氏は述べています。 ​,war製品と地域を密接に結び付ける、簡単に認識できるブランドは、市場での競争に参加している企業にとって具体的な助けとなる可能性があります。」

PiniとCNOは、地域のIGP認証という考えに反対しているのではなく、申請書に記載されている化学および生産基準に反対していると反論します。

広告

私たちはIGP Olio di Romaに反対していませんが、手続きガイドラインには生産者、製品の品質、および消費者にとっていくつかの否定的な側面があるため、変更をお願いします」とScivittaroは言いました。

CNOには、GranieriとUnaprolが先に進む前に遵守してほしい要求の洗濯物リストがあります。

現在、このアプリケーションが有効であるため、ポリフェノール、酸性度、および過酸化物のパラメーターは、DOP認定のパラメーターよりも低くなっています。 現在のガイドラインでは、DOP基準で割り当てられている時間の48倍の-時間以内にオリーブを収穫することも求めています。

恐らく、CNOで最もf辱的だったのは、IGPオリオディローマ認定ボトルのオリーブの70パーセントのみがこの地域から来る必要があるという規定でした。

「我々は、ラツィオ州の栽培品種からのオイルの少なくとも80パーセントの増加を提案し、残りの20パーセントはイタリアの栽培品種からのものでなければならず、手続きガイドラインで指定されなければなりません」と、シビタロは言いました。 ​,warしかし、現在、手順のガイドラインでは、原産地を特定せずに、70パーセントの油がラツィオ産で、30パーセントが他の栽培品種から産出されなければならないと定めています。

たとえば、スペインの品種を使用できますが、これは絶対に良いとは言えません」と彼は付け加えました。 CNOは、これらすべてを変更することを望んでいるか、Scivitarroは、農業省とEUの両方に申請を拒否するよう正式に請願すると述べた。

GranieriもUnaprolも、この記事のインタビューに対する複数のリクエストに応答しませんでした。 ただし、農業省がEUに申請書を渡す前に、CNOの苦情に対処するためにまだ2週間が残っています。

業界の一部のオブザーバーは、競合する分科会間のこれらの戦いにうんざりしています。 LuigiCaricatoはOlioOfficina Magazineの編集者であり、これらの戦いは周期的であると考えています。 彼は、それらが起こり続け、関係者全員が期待外れの結果をもたらすと信じています。 彼はこの例として、IGP Olio diPugliaの列を指摘しました。

それらすべてを除外し、[これらの認証の]管理をまったく関係のない人物に任せ、すべての決定の責任を臨時委員と自由で独立した専門家のスタッフに任せます[問題を解決できます]」 彼が書きました 社説で。 ​,warしかし、おそらくそれはただの夢です。」





関連ニュース

フィードバック/提案