`出所不明の「イタリアン」オリーブオイルの3万ユーロの売却で-人が告発- Olive Oil Times

未知のソースからの「イタリア」オリーブオイルの3万ユーロの販売で-人が告発

12月8、2014
マルコ・マリノ

Recent News

3,200ガロンの追跡不可能なオイルのケースに続いて 先月トスカーナで押収された、イタリアのオリーブオイルの不足に起因する別のスキャンダルが今週明らかになりました。

農林省は、食品の品質保護と不正防止のための中央検査官が、500,000万リットルのオリーブオイルの請求書の操作がイタリア語として誤って渡されたことを発見したと発表しました。総取引額は3万ユーロです。

と呼ばれる操作 ​,warペーパーオイル」は、プーリア、カラブリア、トスカーナ、リグーリアで-件の調査と-人の調査対象になりました。

捜査官は、犯罪者が使用した詐欺システムを追跡しました。プーリアとカラブリアの企業は、未知のソースのエキストラバージンオリーブオイルのイタリア起源に関する文書を偽造し、 ​,warイタリアで作られた」、そしてパッケージ化されて市場に配布されました。

8人の容疑者は、アグリビジネス詐欺と脱税で告発されています。

マウリツィオ・マルティナ農業大臣は次のように述べました。 ​,war今年の生産量の減少により、石油部門が詐欺事件の増加のリスクにさらされているため、同省は石油サプライチェーンの管理を強化しました。 操作 ​,war'ペーパーオイルは、現在の危機にすでに直面している消費者と何千もの正直な生産者を保護するという私たちのコミットメントの証拠です。」

トレーサビリティを確認するアクションが強化されたため、製品の入り口からポートまでの処理とマーケティングまで追跡できます。 私たちは、人々が規則に違反する余地がないことを非常に明確に述べる必要があります。 品質の保護と不正防止のための検査官は、不正防止システムの効率を確認しながら、毎日非常に細心の注意を払っています。」


広告

関連ニュース

フィードバック/提案