` 農民は「メイド・イン・イタリー」のさらに別の販売を非難する- Olive Oil Times

農家は「Made In Italy」のさらに別の販売を非難

10月16、2014
シモーネ・インナモラティ

Recent News

Salovは1919年にイタリアのルッカ近郊で設立されました(写真:Salov Group)

先週、フォンタナ家 発表の 主要なオリーブオイルブランドの中でも特にフィリッポベリオを生産する会社の過半数の株式を中国のスーパーグループであるブライトフードに譲渡する計画。 家族は少数株主を保持しますが、Bright Foodの関与は、95歳の会社にとって新しい時代を示しています。

これらの変化は、業界、特にイタリアの活発な農民組合であるコルディレッティによって見過ごされていません。 完全な抗議はありませんでしたが、ニュースがすべてのサークルで十分に受け入れられなかったことは明らかでした。

イル・ジョルナーレが書いた ​,war翻訳された、タイトルはそれをすべて言った:アンチェl'olio toscanoparleràcinese。 ​,warトスカーナの石油でさえ中国語を話します。」 それは、外国のグループによるイタリアのブランドのゆっくりとした、しかし意図的な買収への薄いベールの言及でした。 ​,war以前は、スペイン語とフランス語でした。 今ではロシア人と中国人だ」と農民たちは不満を述べた。

物語の他の部分、イタリアのマスコミの外で常に報道されるとは限らないものは、深刻な不況の物語であり、それが広まったことで、イタリア人の生活とビジネスの方法が劇的に変化しました。

UnaprolのDavidGranieri

Unaprolの社長であるDavid Granieriは、イタリアは多くの人々を失うことはできないと主張しました。 ​,war彼はオリーブオイル産業を ​,warイタリア国内で「富と雇用を創出するためのバリューチェーン」。 鎖が壊れれば、イタリアは貧しくなります。

コルディレッティは、フォンタナ家が少数株主になるという懸念をすぐに表明しました。 彼らは、不況が ​,warエスカレーション ​,war'彼らは、イタリアへの投資ではなく、イタリアから逃げているのは大きな多国籍企業だと主張している。 ​,warアグロナショナル。」

品質が重要です。
お近くの世界最高のオリーブオイルを見つけてください。

サロフは、外国のバイヤーに販売された最初のオリーブオイルグループではありません。 リストは長いです:とりわけ、カラペリ、パルマラット、ブイトーニ。 この買収は、サロフがヨーロッパの基盤を超えたという単なる兆候ですか、それともイデオロギーの重要な変化ですか? イタリアの農家にとっては後者です。

賭け金は高いです。 インドや中国などの新しい市場への積極的な拡大には、イタリアでのオリーブオイルの調達と生産方法に大きな変更が必要になります。 イタリア人と伝統主義者がこれらの変化にどのように反応するかはまだ分からない。 サロフは、その強力な遺産を保持することを約束しています。 今のところ、古い格言が当てはまるようです。 ​,warローマにいるときは、ローマ人と同じようにしてください。」


関連ニュース

フィードバック/提案