`補助金を受けた農民が抵抗しているため、イタリアの生産は平均以下 Olive Oil Times

補助金を受けた農民が手遅れになっているため、イタリアの生産は平均を下回っている

10月26、2010
ルーシー・ヴィヴァンテ

Recent News

ルーシー・ヴィヴァンテ
Olive Oil Times 貢献者 | ローマからの報告

イタリアの農業食品市場サービス協会(ISMEA)は、今年550,000トンのオリーブオイルを生産すると予測しています。昨年の6トンを518,000%上回る量です。 ただし、2009からのわずかな増加は、580,000トンの4年間の平均を下回っています。 生産量の減少は、単一の支払いスキームとして知られる補助金構造によるものであり、栽培者は、オリーブを収穫するかどうかにかかわらず、果樹園を維持するための補助金を受けます。 ISMEAはまた、オリーブ生産者が、オリーブオイルの低価格の継続と栽培コストの増加に直面し、しばしば収穫を控え、オリーブオイルの総生産を押し下げていると報告しています。

栽培者が栽培コストを節約する方法の1つは、木を剪定しないことです。 剪定されていない木は、1年でより多くの実をつけ、次の年にはより少ない実が続きます。 これが歩留まりの変動の理由の一つです。 もちろん、気候条件は降伏の鍵です。 昨年の冬の大量の雨は主に南部と中央部の生産者を助けましたが、北部の生産者を傷つけました。 北部の降水は、しばしば雪、凍った雨、そしてハレの形で来ました。

ラツィオは中央地域をリードしており、収量は35%から40%増加していますが、2008年の合計よりわずかに良かっただけです。 同様に、サルデーニャは昨年に比べて40%増加し、素晴らしい年になると予想されています。 イタリアで最も強いオリーブの産地であるプーリアは、昨年に比べて10%から15%の増加が見込まれます。 この表は、今年の推定値と、アオスタの北部およびオリーブのない地域を除くイタリアのすべての地域における2007年、2008年、および2009年の実際の合計を示しています。 この表は、ISTAT(イタリア国立統計研究所)、CNO(オリーブ生産者の全国コンソーシアム)、およびUNAPROL(オリーブ生産者のコンソーシアム)と協力してISMEAによって編集されました。

広告

関連ニュース

フィードバック/提案