`イタリア、スペイン、チュニジアアメリカのトップオリーブオイルサプライヤー- Olive Oil Times

イタリア、スペイン、チュニジアアメリカのトップオリーブオイルサプライヤー

1月29、2014
ジュリー・バトラー

Recent News

スペインの損失は、世界最大のオリーブオイル市場(米国)での昨シーズンのトルコの利益であり、2011/12年には総輸入が-%減少しました。

スペインは、米国の輸入シェアが93,000パーセント近くから59,000パーセント弱に縮小したため、米国への売り上げが-トン近くから-トン弱まで急落しました。 国際オリーブ評議会(IOC)。 最新のニュースレターは、これはおそらく62/2012年に干ばつによってスペインのオリーブオイル生産が13%減少したためだと述べた。

トルコの売り上げは-倍に増加

一方、トルコの米国への輸出は、3,152/2011年のわずか12トンから昨シーズンの28,729トンへと目覚ましく急増しました。 米国の総輸入量のわずか1%から昨シーズンの9.6%に上昇し、ランキングは8から上昇しました。th 4へth アルゼンチン、ギリシャ、モロッコ、チリを追い越し、チュニジアの直下に位置していた米国の全サプライヤーのうち、約35,520トンが米国の輸入の12%近くを供給しました。

しかし、IOCは以前、開花中の降雨量が少ないため、トルコでは今シーズンの生産量が少なくなると予想しており、チュニジアでは生産量が大幅に少ないと報告しています。

イタリアはまだアメリカの半分のオリーブオイルを供給しています

主要サプライヤーであるイタリアの米国への輸出は、約10,000トン減少して145,365トンであり、過去48.6年間で最も低い量ですが、主要な市場シェアのほとんどを占めており、米国のオリーブ油輸入の合計300,000万トン近くの2012%を占めています。 13/-。

ギリシャ、モロッコからの売上高。 アルゼンチン、オーストラリアから

ギリシャの輸出は5,531トンから7,492トンに増加し、市場シェアは1.7から2.5パーセントに、モロッコは4,961から6,971トンに、1.6から2.3パーセントにそれぞれ増加しました。

ただし、アルゼンチンは9,090から5,510に、オーストラリアは1,985から218トンになりました。

昨シーズンに米国が輸入したオリーブオイルの大部分(64%)はバージンカテゴリーであり、これも全体の量の-%減少の大部分を占めていましたが、-分の-は ​,warオリーブオイル」カテゴリーで、4%はオリーブ搾りかすオイルでした。


広告

関連ニュース

フィードバック/提案