`「メイド・イン・イタリー」のラベリングの嘘のさらなる主張- Olive Oil Times

「イタリア製」ラベリングのさらなる主張

12月30、2011
ジュリー・バトラー

Recent News

中国はイタリアから届くオリーブオイルを精査しており、スペインはイタリアのオリーブオイルに関連する不正の新たな主張をきっかけに、より広範な市場操作の恐れを高めています。

上海日報 出入国当局は ​,warイタリアの農業連盟がイタリアから輸入したオリーブオイルを検査したところ、悪意のある生産者はギリシャ、スペイン、モロッコ、チュニジアからの安価なオイルを混ぜ合わせ、最高級のエクストラバージンオイルとして渡していたとのことです。」

そしてスペインの エル·パイス アンダルシア地方政府の農業大臣クララ・アギレラは、イタリアが関与しているのではないかと恐れていると述べた ​,war多くの既得権益が存在するため、ステージ管理。」 彼女はまた可能性を指摘した ​,war同紙は、市場を管理するための戦略」を発表し、イタリアの強力なオリーブオイルロビーと比較して、スペインの非常に細分化された生産部門の弱さを指摘した。

一方、スペインのCOAG農民組合のラファエル・シヴァントスは、 ​,warイタリアが独自にスペインのオリーブオイルを流しているという常識」 ​,warオリーブオイルの生産、消費、輸入の数値は合計されていません。」

ラファエル・シヴァントス

これは、2011年の早い時期にオリーブと派生製品に関する欧州委員会の諮問グループ内で眉をひそめた問題でもあります。 ​,warイタリア市場の数値については、生産数値と推定生産数値の不一致が見られ、参加者から説明を求められました。 さらに、委員会によって提示された数値と現場で観察された数値との違いが指摘され、表明されました。」

そして、イタリアのオリーブオイルの最新の調査の最新ニュース記事では、イタリアの ラレプブリカ それ自体が尋ねた、 ​,warなぜ、私たちが輸出している250,000万トンのオリーブオイルと比較して、470,000万トンを輸入しているのでしょうか。 彼らはどこに行きますか? それらはどのように混合されていますか?」

調査によると、イタリアの主要な農業組織の-つであるコルディレッティの助けを借りて、イタリアの税関、詐欺師団の探偵、財務警察によって調査されていたという質問です。調査では、オリーブの-本のうち-本がすでに見つかっています。イタリアで販売されているオイルには、他の国、通常はスペイン、チュニジア、ギリシャ、またはモロッコからのオリーブオイルが含まれています。

コルディレッティのスポークスマン、ステファノ・マシーニは、異常な規模の詐欺を考えると、政府の時代だと言いました。 ​,war新しい対策でアグロマフィアに対処するために。」 ​,warこれは単なる販売詐欺だけでなく、価格を管理し、生産から流通までのチェーン全体を管理する犯罪組織が関与しています」と彼は言いました。

調査のニュースは、英国などで消費者と生産者の間で国際的な議論を引き起こしました 電報、報告: ​,war-本中-本のボトル ​,war'イタリアのオリーブオイルは、他の地中海諸国からの低品質のオイルで混ぜ合わされています。」

しかし、EUの農業ロビーであるコパコゲカのオリーブオイルとテーブルオリーブに関するワーキンググループの会長であるラファエルサンチェスデプエルタは、問題は品質よりもラベリングの問題であると強調しました。

イタリアは生産量よりも多くのオリーブオイルを瓶詰めして輸出したことを誰もが知っていました。 ​,war油の品質ではなく、(原産の)金種」と彼は​​言った。

関連ニュース

フィードバック/提案