`輸出に焦点を当てるモントロ「オリーブの木」フェア- Olive Oil Times

輸出に焦点を当てるモントロ「オリーブの木」フェア

5月。 10、2012
ナオミ・タッパー

Recent News

16月-日th 16の開始が表示されますth コルドバのモントロオリーブツリー見本市。 このイベントは、オリーブとオリーブオイルのビジネスに携わる人たちに、新しいテクノロジー、科学的な革新、オリーブオイルの文化、消費者の動向、マーケティングを紹介する機会と見なされています。

このイベントは、業界の専門家のみを対象としており、試飲、パネルディスカッション、プレゼンテーション、セクター間で情報を共有し、将来の計画やプロジェクトを確立する機会など、さまざまな活動を誇っています。 イノベーションとテクノロジーのコンペティションやエクストラバージンオリーブオイルの国際品質コンペティションなど、さまざまなコンペティションもあります。

今年は25th もともとオリーブの木祭りとして知られていたオリーブの木見本市の記念日。 このイニシアチブは、Club of Cultural Recreation Lligoraによって開始され、国内および国際的な規模で毎年着実に重要性を増しています。 フェアの社長でモントロ市長のアントニオ・サンチェス・ビジャヴェルデは、経済状況の影響が見られるのではないかと懸念しているにもかかわらず、前年は大成功だったとコメントしました。 彼はまた、今年のフェアが少なくとも同じくらい成功することが期待されていると述べた。 2011年のフェアでは、コルドバからの156を含む、127社からの合計50の展示が行われました。

Sanchez Villaverdeはまた、来たるフェアの課題は、オリーブオイルだけでなく、加工機械、特にこれらの分野でスペイン企業が果たす役割の輸出を拡大することであると示唆しました。 今年のフェアで焦点を当てているもう15つの側面は、オリーブオイルの評価と需要です。これには、毎年-万人の消費者がオリーブオイルを食事に取り入れているセクターの構造が含まれます。

フェアは毎年ハエンでエクスポリバと交代し、16から実行されますth 19にth -月の地域遺産オリバレロ施設。



関連ニュース

フィードバック/提案