`スペインは生産過剰の恐れの中で輸出を23%増加させました- Olive Oil Times

スペインは過剰生産の恐怖の中で上昇23%を輸出

7月5、2010
ダニエルウィリアムズ

Recent News

ダニエル・ウィリアムズ
Olive Oil Times 貢献者 | バルセロナからの報告

Agencia para el Aceite de Oliva(AAO)の最新の数字によると、スペインの輸出は急増を続けており、このキャンペーンではすでに約430,000万トンに達し、昨シーズンの数字から23%増加しています。 エコノミストは、これが過剰生産の懸念に直面して今シーズンの市場バランスを均衡させるのに役立つことに同意します。

輸出が急増しているにもかかわらず、スペインの半数以上が olive oil proこのキャンペーンを実施した約741,100トンは、まだ全国の製油所に残っています。 これは、EUの顧問が生産者に世界のオリーブオイル市場の過飽和を防ぐために製品を保持するように促したため、過去32回のキャンペーンから収集された数値からなんと4%の増加です。

スペインの国内市場については、内需は比較的安定しており、329,900トンに達し、前回のキャンペーンからわずか3%増加しました。 同時に、スペインのオリーブオイルの輸入は、過去31回のキャンペーンの平均と比較して4%減少しました。 これは、スペイン政府が実施した徹底的な国際広告キャンペーンの結果として見られる非常に有利な輸出入比率になります。

この良好な輸出入比率にもかかわらず、オリーブオイルの世界的な生産量が急増し続け、2005年873,500月以降、農場の門の価格が下落しているため、スペインの生産者の間でコストをカバーすることへの懸念が高まっています。2010月の大雨にもかかわらずそのため、スペインの河川が破裂し、今シーズンのオリーブ作物が枯渇する恐れがありました。24年4月末のスペインのオリーブオイルの総量は1.236トンに達し、過去-シーズンの平均で-%増加しました。 スペインは-年前に-億-万トンの記録的なオリーブオイル生産量を達成しました。

広告

関連ニュース

フィードバック/提案