` 米国、中国、ブラジルが主導する、上昇する世界のオリーブ油消費予測- Olive Oil Times

上昇する世界のオリーブ油消費予測、米国、中国、ブラジル主導

12月14、2011
ジュリー・バトラー

Recent News

国際オリーブ評議会の3.2月のニュースレターによると、世界のオリーブ油消費量は2011/12年にさらに3.08%増加し、総生産量を吸収するのに十分であり、XNUMX万トン近くになると予測されています。

また、EUの2008つの生産国では、全体的な消費が減少しているため、この成長はありません。 ただし、09/50年と比較して、オリーブ油の消費量は昨年、中国で47%、ロシアで35%、日本で23%、カナダで20%、ブラジルでXNUMX%増加しました。

オリーブオイルの生産

IOCは2009/10年に承認された数値で、収穫年が世界の持ち越し在庫で669,500トンで始まり、740,000トンで終わったと報告しています。 世界の生産量は2.97万トンに達し、前シーズンから11.4%増加しました。 このうち、スペインは1.4万トン、イタリアは430,000トンでした。

2010/11年の世界生産は暫定的に3.018%増の1.5万トンと評価され、3/2011年にはさらに12%増加すると予測されています。

広告

消費
全体として、2.90/2009年には世界で10万トンのオリーブオイルが消費されました。これは、前のシーズンで2%増加し、過去5年間の平均より27%増加しています。 EU / 64は総消費量の9パーセントを占め、米国はXNUMXパーセントを占めました。

暫定的な数字は、世界の消費量が3/2010年に11%増加して2.98万トンに達し続けていることを示唆しています。 IOCの非加盟国では、米国、中国、ブラジル、カナダに牽引されて、今年の消費の伸びは合計で8.5%になると予想されています。

輸入

652,000/2009年の世界の輸入は合計10トンで、そのうち米国が40パーセント、ブラジルが8パーセント、カナダと日本がそれぞれ6パーセント、中国とロシアがそれぞれ3パーセントを占めました。 輸出は653,000パーセント増の7トンに達しました。

今年の10月から9月までの12か月間で、ブラジル(20パーセント)、カナダ(5パーセント)、米国(7パーセント)への輸入は前年同期と比較して増加しましたが、日本では12パーセント減少しました。

9月のオーストラリアとEUのデータはまだ入手できませんでしたが、最初の11か月の数字は、オーストラリアの輸入が9パーセント減少し、EUの輸入が12パーセント増加したことを示しています。

生産者価格

イタリアの価格は、現在の生産年の週3.92で20 / kgの記録に達した後、最近大幅に下落しました。 彼らは現在、2月から10月の2010と同じレベルで安定しています。



関連ニュース

フィードバック/提案