` ギリシャ人は危機の間に低品質のオリーブオイルに目を向ける- Olive Oil Times

ギリシャ人は危機の間に質の低いオリーブ油に目を向ける

12月28、2011
コスタス・バシロプロス

Recent News

ICAPコンサルタントとビジネスインテリジェンスグループの新しい研究は、金融危機の文脈におけるギリシャのオリーブ油産業の特定の問題に取り組んでいます。

2009 – 2010シーズン中、国内のオリーブオイルの生産量は、前のシーズンと比較して4.3パーセント減少しました。 誰かが予想するかもしれないこととは反対に、この研究は生産の減少と危機を相関させるのではなく、むしろ各収穫期の一般的な気象条件と相関させる。

一方、オリーブオイルの小売価格が比較的高いことと相まって、世帯の限られた資源は、オリーブオイルの消費量を6.1%減少させました。これは、市場価格が下がらないという市場の失敗の典型的な兆候です。需要が限られているため、予想通り。

標準化されたオイルは、バルクオリーブオイルとの競争のために9.3%の期間に著しく大幅に需要が減少しました。これは、マスコミがコメントした調査によると、これも世帯収入の減少によるものです。 一方、独立した生産者によって製造された、より安価でおそらく低品質の自社ブランドのオリーブオイルに対する需要が高まっていました。

素晴らしいにもかかわらず 最近調査されたオリーブ油の標準化の利点、ギリシャの生産者はまだバルクオリーブオイルに依存しています。 したがって、この研究によると、石油輸出の大部分(主にイタリアへ)はバルクオイルであり、内陸消費の約半分は再びバルクオリーブオイルであり、生産者の収益は限られています。

この調査では、ギリシャの石油市場が成熟していることがわかりました。 それでも、乳児の病気を示しています。



関連ニュース

フィードバック/提案