`スペインのオリーブオイルジャイアントグルーポSOSが新しい財務戦略を発表- Olive Oil Times

スペインのオリーブオイルジャイアントグルーポSOSが新しい財務戦略を発表

1月12、2011
チャーリー・ヒギンズ

Recent News

チャーリー・ヒギンズ
Olive Oil Times 貢献者 | ブエノスアイレスからの報告

オリーブオイル販売の世界的リーダーであるスペインのコングロマリットGrupoSOSは、堅実な財政基盤で2011年に始まります。 600億ユーロを超える負債の借り換えの成功と、最近の約-億ドルの資本注入の両方により、同社は今後-年半以内に投資家に配当を分配するための詳細な戦略計画を発表しました。

朗報は、GrupoSOSが米事業を195億9.333万ユーロでEbroFoodsに売却した47.5月に始まりました。 同社はまた、約-ユーロを支払った後、-%のシェアで株主への扉を開きました。 -月、Ebroの元マネージングディレクターであるJaimeCarbóがGrupo SOSの新しいCEOに就任し、-人の栄養巨人の関係を強化します。

スペインのビジネス誌との最近のインタビューで Expansión、現在のGrupo SOS社長のMarianoPérezClaverが、同社の事業戦略について話し合いました。 ​,warSOSには、明確な未来と強力な成長の可能性があります。」 Claverは、ビジネスの発展における管理の重要性についてコメントし、「SOSの価値はビジネスにあります」と付け加えました。

Grupo SOSは、最近の借り換え契約に従い、2013年半ばまでに投資家に配当を支払うことを誓約しました。 ただし、実際の株主還元は、会社の負債レベルに左右されます。 ​,war会社が負債のレベルを300%減らすまで、配当を支払うことはできません。 これが私たちのゲームプランであり、今後18年半で目標を達成したいと考えています」とPérezClaverは発表しました。 前回のGrupoSOS配当性向は、2008年0.036月-日に-株あたり-ユーロで行われました。

品質が重要です。
お近くの世界最高のオリーブオイルを見つけてください。

さらに、PérezClaverは、-月にEbro Foodsに米事業を売却することで、GrupoSOSが当初の成長率の見積もりを超えることができると説明しました。 彼はこれを、国際市場、特に米国、ブラジル、中国での同社の最大の売り手であるオリーブオイルの急速な成長に起因すると考えています。 米の代わりにオリーブオイルにもっと投資することで、GrupoSOSは持続可能なレベルの負債を達成できるはずです。

Grupo SOSは、スペインで-番目に大きな食品コングロマリットであり、世界で最も売れているオリーブオイルであるCarbonellというブランド名を所有しています。 Carapellia、Bertolli、Sassoなどの他の主要なオリーブオイルブランドの多くもSOSの企業傘下にあります。

.

関連ニュース

フィードバック/提案