`ペルーの生産者は、補助金付きのオリーブオイルの輸入に関心を持っています- Olive Oil Times

補助金付きオリーブ油の輸入を懸念するペルーの生産者

10月8、2010
サラ・シュワーガー

Recent News

サラ・シュワーガー
Olive Oil Times 貢献者 | ブエノスアイレスからの報告

ペルーのオリーブオイル輸入の増加は、同国のプロ・オリヴォ協会によると、国内産業に深刻な影響を与える可能性があります。

ペルーのオリーブの輸出の90%と国のすべてのオリーブオイル生産者の派生物を代表する民間組織は、地元の生産者は補助金を受けたスペインオリーブオイルのペルー市場への出現がそれらに与える影響について非常に懸念していると言います。

協会は、ペルーの競争防衛および知的財産保護のための国家機関(Indecopi)に、
スペインのオリーブオイルの輸入に対する相殺関税。

プロオリボ協会のジェネラルマネージャーであるエドガードサラス氏は、パラ関税の障壁がなければ、2008年以降輸入が急増しているとアグロネゴシオスペルーに語りました。

広告

彼は、ペルー南部の400ヘクタール、場合によっては最大1000ヘクタールのオリーブ畑への投資提案が、補助金付きのオリーブオイルの輸入を停止させる可能性があることを望んでいます。

ペルーのオリーブ産業は、生産量が少ないと考えられている国々と比較しても小規模です。 この国には9,500ヘクタールのオリーブ畑(23,500エーカー)があり、そのうち7,500ヘクタールがオリーブオイルを生産しています。 全国レベルでオリーブオイルを販売できるほどの規模のペルー企業は-、-社しかない。

しかし、プロオリーブ協会の創設者であるアルフレドゴンザレス氏は、ペルーのオリーブオイルの輸出は8,000年と比較して昨年29,000%、今年の前半は32%増加し、輸入はわずか2008年で134リットルから53リットルに増えたと述べています。ボリュームは-%増加しました。

これは主に、防腐剤をほとんど含まないと言われているオリーブ油の高品質のおかげであり、ペルーの生産者は油中の遊離脂肪酸の程度を低下させることにより品質の向上に継続的に取り組んでいます。

カナダ、日本、コロンビアからの需要の増加は、オーストラリア市場へのペルーオリーブオイルの導入と同様に、上昇に貢献しました。

補助金付きの輸入の問題は、スペインとイタリアがオリーブ油の輸入に相殺関税を課すべきかどうかを決定するためにインデコピが調査を開始した昨年の半ばに鎮圧されました。

プロオリボ協会は、スペインのオリーブオイルが助成されていることをインデコピにすでに示しているため、追加料金の延長は正当化されると述べていますが、これまでのところ回答は得られていないと述べています。

ペルーの市場で販売するオリーブオイルの量が減るたびに、タクナ(ペルー南部に位置する地域)に集中しているペルーのオリーブオイル産業に影響を与えます」とゴンザレス氏は語った。

.

広告

関連ニュース

フィードバック/提案