`チュニジア、COVID-146,000危機のなかで19トンのオリーブオイルを輸出- Olive Oil Times

チュニジアはCOVID-146,000危機のなかで19トンのオリーブオイルを輸出しています

4月29、2020
ジュリー・アル・ゾウビ

Recent News

チュニジアのオフィシャルナショナルデルイユ(ONH)が発表した数値によると、コロナウイルスの危機にもかかわらず、チュニジアはオリーブオイルの輸出による記録的な成長を記録しています。

北アフリカの国は、146,000年の最初の2020か月間に896トンのオリーブオイルを輸出し、約310億​​-万チュニジアディナール(-億-万ドル)の収益を生み出しました。

2019年の同時期に、国の輸出は80,000万トンで740億255万TNDの収入(-億-万ドル)に相当しました。

ONHの社長兼最高経営責任者であるChokriBayoudhは、コロナウイルス危機の際に輸出は減速したものの、国は活動を継続し、海外市場に参入することに比較的成功したと指摘することに熱心でした。

Bayoudhによると、チュニジアは、COVID-19により、国の貿易停止と海外出荷のほぼ完全な停止にもかかわらず、オリーブオイルの輸出を続け、市場の約束を果たしていました。

品質が重要です。
お近くの世界最高のオリーブオイルを見つけてください。

2019年2020月の初めから300,000年250,000月末まで、チュニジアのオリーブオイルの輸出は2万トンに達し、約690億TND(-億-万ドル)の予想収益で-万トンのオリーブオイルを輸出するという国の目標を上回りました。

昨年の夏、チュニジアの農業省は、生産量が350,000万トンに達すると予想して、有望なオリーブオイルの季節を予測していました。

欧州連合は依然としてチュニジアの主要市場であり、国のオリーブオイルのほとんどはイタリアとスペインに行きます。

Bayoudhは、国の20%の値下げは、国際的な需要と供給によるものだと考えています。



関連ニュース

フィードバック/提案