`オリーブ評議会、世界のオリーブオイル市場の上昇を報告- Olive Oil Times

オリーブ評議会が世界のオリーブ油市場の上昇を報告

7月8、2014
ジュリー・バトラー

Recent News

国際オリーブ評議会の最新情報によると、オリーブオイルとオリーブ搾りかすオイルの世界的な販売は4月に回復しました。 市場ニュースレター.

2013/14年の最初の341,288か月(2月から8月)の-つの主要国の輸入は合計-トンで、-月までの-か月の-%に対して、昨シーズンの同時期に比べてわずか-%減少しました。

これは、今シーズンの輸入が前年比で28%減少した中国を除くすべての市場で-月に回復したおかげです。

9月の上昇にもかかわらず、輸入もブラジルで7%、オーストラリアで11%減少していますが、現在はカナダで8%、ロシアで7%、日本で-%増加しています。 -月から-月の米国への輸入は昨シーズンとほぼ同じです。

5月のEUデータはまだ入手できませんでしたが、43月から-月のEU内での買収は-%増加し、EU外からの輸入は-%減少しました。 IOCによると、今シーズンのスペインでの豊作を考えると、EU以外の輸入の減少は論理的だと思われる。

昨シーズンの生産が低迷した後、スペインの輸出は回復

IOCには、昨シーズンの収穫量が少なく、2014/15年は今シーズンよりも少ないと予想されるスペインからのオリーブオイルの輸出に関するセクションが含まれていました。

2013/14年上半期、スペインは合計562,824トンを出荷し、前年比で64%増加しました。 このうち、イタリアに247,863トン(+ 144.5%)、米国に58,650トン(+ 140%)、ポルトガルに57,761トン(+ 19.6%)、フランスに43,375トン(+ 29.3%)、英国に22,251トン(+ 6パーセント)。 スペインの売上高も日本、オーストラリア、ロシアで増加しましたが、中国(-29.4%)とブラジル(-34.2%)で減少しました。


広告

関連ニュース

フィードバック/提案