モロッコのオリーブ油セクターを支援するワークショップ

FAOおよびEBRDによるモロッコのオリーブオイルセクターに対する継続的なサポートの一環として、2017の第1四半期に一連のワークショップが開催されました。

4月6、2017
イザベル・プーチンヤ

Recent News

モロッコでは、2017の第1四半期に、オリーブ油セクターの強化を目的とした一連のワークショップが、欧州復興開発銀行(EBRD)と国連食糧農業機関(FAO)によって共同で開催されました。

私たちは、業界の国家代表という観点から、自分たちをより良く組織することに焦点を当てています。-アーメド・カヌフィ、Interprolive

7年2017月-日、モロッコのオリーブ産地の中心にあるメクネスで、モロッコのオリーブオイル産業協会であるInterproliveと協力してワークショップが開催されました。

公的および民間の利害関係者が集まり、専門家間の組織を改善し、この地域で高品質のオリーブ生産を確保する方法について話し合うよう招待されました。 同じワークショップで、イタリアとポルトガルのオリーブオイル専門家協会の代表者が招待され、モロッコのオリーブ産業で働くカウンターパートと彼らの経験と洞察を共有しました。

InterproliveのディレクターであるFAOのプレスリリースで、AhmedKhannoufiは協会の最近の活動について詳細を共有しました。 ​,war現在、私たちは業界の国家代表という観点から自分たちをより良く組織することに焦点を当てており、 ​,war'消費者の意識を高めるための技術支援やコミュニケーション戦略など、メンバーへのサービスの提供を開始できるようにする政府との契約プログラム」

具体的には、協会はモロッコの消費者がバルクではなくボトル入りの高品質のオリーブオイルを購入することを奨励する広告キャンペーンを開始し、生産の向上を目的としたメンバーへの技術トレーニングの提供に注力しています。

モロッコの農水産省の事務局長であるモハメド・サディキは、国のオリーブ生産の品質を改善することの重要性を繰り返し述べました。 ​,warモロッコは、オリーブオイル部門の制度を強化し、生産の質に焦点を当てることで、国家レベルでオリーブオイルのバリューチェーンを強化し、雇用創出を促進し、輸出を増やすことができます。

FAOおよびEBRDによるモロッコのオリーブオイルセクターへの継続的な支援の一環として、オリーブの木の剪定に関する12トレーニングワークショップも12から18 3月まで開催されました。 参加者には、農業科学の学生、オリーブ部門で働いている経済利益団体のメンバー、オリーブ生産者、セフロ、タザ、タウナテの各州の生産者が含まれていました。

モロッコのアガファイ砂漠のオリーブの木

モロッコのオリーブオイル部門は、政府の(グリーンモロッコ計画)において最も重要な役割を果たしてきました」と、モロッコのFAO代表であるMichaelHageは述べています。 ​,warこれに関連して、セクター開発の優先事項は、バリューチェーン全体での集約、品質と効率の向上、地元のオリーブオイル市場の開発、およびMade inMorocco製品の輸出のサポートに特に重点を置いています。」

オリーブの生産を増やすことは、2008で開始された政府のグリーンモロッコ計画の焦点の1つです。 15年間プログラムでは、オリーブの生産量を2.5で2020百万トンに増やすことを目的として、オリーブセクターに多額の投資が行われました。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案