` IOC、マリオソリナスクオリティアワードを発表- Olive Oil Times

IOCがマリオソリナス品質賞を発表

6月13、2014
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

  国際オリーブ評議会(IOC) 最近14を発表しましたth エキストラバージンオリーブオイルのマリオソリナス品質賞のエディション。

イタリアの故マリオ・ソリナス教授にちなんで名付けられたこの賞は、強烈、中程度、穏やかな緑のフルーティさ、熟したフルーティさの138つのカテゴリーで最高の官能特性を持つエクストラバージンオリーブオイルを表彰します。 アルジェリア(12)、チリ(1)、ドイツ(2)、ギリシャ(1)、イラン(6)、イスラエル(2)、イタリア(1)、ポルトガル(2)の38か国を代表する75のオイルが競い合いました。 、スペイン(6)、チュニジア(3)、トルコ(1)、ウルグアイ(-)。

スペインとポルトガルのプロデューサーは、-つのカテゴリーすべてで-位、-位、-位の賞を獲得しました。 一等賞はスペインのフィンカ・ラ・トーレに贈られました(濃い緑の果実味)。 ポルトガルのカサアグリコラロボレドマデイラ(ミディアムグリーンのフルーツ感); ポルトガルのソシエダーデアグリコラヴェールデオウロ(マイルドグリーンのフルーツ感); スペインのアシエンダ・クエイレス(完熟した果実味)。

スペインは過去の大会で順調に推移し、2012年と2013年の両方で2013つの最優秀賞を獲得しました。-年、スペインのプロデューサーは-つの賞のうち-つを除くすべてを獲得しました。 イタリアの生産者は、競争からほとんど離れています。

マリオ・ソリナス品質賞は、22nd マドリードのIOC評議会の特別セッション。 IOC事務局長のジャン・ルイ・バルジョルは、オープニングスピーチで、競争に関するいくつかの重要な変更を発表しました。まず、来年は南半球の生産者の参加を促進するためにマリオ・ソリナス賞の2015つのエディションを取り上げます。 次に、-年-月にニューヨーク市で開催されるサマーファンシーフードショーで次の授賞式が開催されます。

以下は、IOCからの受賞者の完全なリストです。

一等賞

濃い緑色のフルーティさ: フィンカ・ラ・トーレ —フィンカラレハ、SL —ボアディージャ(マラガ)—スペイン

ミディアムグリーンのフルーティさ: カサアグリコラロボレドマデイラ、SA — CARM —アルメンドラ—ポルトガル

マイルドグリーンのフルーティさ: ソシエダーデアグリコラヴェールデオウロ、SA —フェレイラデアレンテージョ—ポルトガル

熟した果実味: ハシエンダクエイレス、SL —モンテアグド(ナバラ)—スペイン

二等賞

濃い緑色のフルーティさ: Aceites OroBailén —ガルゴン99、SL —ビジャヌエバデラレイナ(ハエン)—スペイン

ミディアムグリーンのフルーティさ: ギャロワールドワイド —リスボア—ポルトガル

マイルドグリーンのフルーティさ: エロスアポルトガル、SA —アザンブジャ—ポルトガル

熟した果実味: Olivos Naturales、SL - マドリッド、スペイン

3等

濃い緑色のフルーティさ: Explotaciones Melgarejo、CB —ペガラハル(ハエン)—スペイン

ミディアムグリーンのフルーティさ: SCA Ntra。 スラ。 de la Fuensanta de Oleoestepa —コルコヤ(セビリア)—スペイン

穏やかな緑のルイティネス: Coliviativa de Olivicultores deValpaços、CRL —バルパソス—ポルトガル


関連ニュース

フィードバック/提案