`スペイン料理の巨人Grupo SOSがDeoleoに名前を変更- Olive Oil Times

スペイン料理ジャイアントグルーポSOSが名前をデオレオに変更

6月27、2011
ジュリー・バトラー

Recent News

オリーブオイル販売の世界的リーダーであるスペインの食品大手Grupo SOSは、今月、Deoleoという新しいビジネス名で企業イメージを明らかにしました。

名前の変更は、205億290千万ユーロ(-億-万ドル)で米部門のエブロ食品への売却(今月承認)の条件の-つでした。 コングロマリットは現在、オリーブオイルに焦点を当てることを計画しており、その新しい名前が ​,warその部門の価値と文化」。

グループの以前の傘名SOS(発音 ​,warsohs))は、同名の100年前のスペインライスブランドに起源がありました。 Deoleo –次のように翻訳できます オイルの、またはオイルから –新しい焦点を反映することを目的としています。 この名前は、心地よい響きがあり、どの国でも発音しやすく、オリーブオイルのラテン語の根に近いと考えられていたため、他の4つの提案よりも先に選択されました。

デオレオはあらゆる種類の食品を網羅しますが、特に地中海式ダイエットとオリーブオイルに集中します。 世界をリードするカーボネル(最近ポーランドとタイで発売)とベルトリ(最近ポーランドとウクライナで発売)、カラペリ、コイペ、サッソなどの主要なオリーブオイルブランドを所有しています。

による Allbusiness.com、グループはヨーロッパ以外の新しい成長地域への投資を通じてオリーブの生産を増やす長期計画を持っており、 ​,war健康意識の向上に合わせて、世界的なオリーブオイル消費量の増加を活用するのに十分な位置にあります。」

米ユニットの売却は会社をより強力な財政基盤に置くはずですが、それでも高い負債を保持しています(昨年の借り換え後の887月の-億ユーロから-億-万ユーロに減少)。 Allbusinessはまた、昨年の ​,war取締役の株式スキャンダルは投資家の信頼を傷つけた」 ​,warより強い財政状態にある企業による「買収の可能性のあるターゲットと見なされている」 ​,warプライベートラベル製品の人気の高まりによって脅かされている分野で事業を展開しています。」

エブロの元マネージングディレクターであるハイメ・カルボが8.14月に局長に就任して以来、名前の変更は最初の主要な決定の-つであり、グループが-年間で最初の四半期利益を達成した後の純利益は-万ユーロです。今年の第-四半期。

SOSは、過去2年間で従業員を47パーセント削減しました。これは1531の従業員にまで及び、さらにコスト削減が続きます。

SOSのMarianoPérezClaver社長は、今月初めの会議で株主に、グループの現在の焦点はオリーブオイル事業の成長であると語った。 ​,war同社は、資本を再注入し、組織構造を簡素化し、私たちの活動の-つである米の活動を売却することを余儀なくされた財政安定化のトラウマ的なプロセスを生き延びました」と彼は言いました。

一方、スペインの新聞シンコ・ディアスによると、すでにデオレオと9.33つの会議室の議席を610パーセント保有しているエブロ・フーズは、デオレオとの合併を検討するために、デオレオの新しい事業計画の詳細を待っています。 Ebro Foodsはまた、先月の土壇場でオーストラリアのSunRiceグループを購入するための640億-万豪ドル(-億-万ドル)の入札が生産者によって阻止された後、オーストラリアまたはアジアで足場を築くことに熱心です。

広告

関連ニュース