` マルセイユとオリーブオイルの歴史- Olive Oil Times

マルセイユとオリーブオイルの歴史

6月10、2010
ウィル・ダン

Recent News

マルセイユは常に部外者の場所でした。 フランス最古の都市は、XNUMX、XNUMX年以上前にギリシャ人によって設立され、それ以来、移民に依存して新しい貿易と新しい生活を提供してきました。 ローマ人、西ゴート族、神聖ローマ帝国、オスマン帝国がありました。 最近では、第二次世界大戦後、イタリア人がより良い生活を求めてやって来て、アルジェリア人、モロッコ人、チュニジア人が以前の植民地からやって来ました。 それらはすべてマルセイユのユニークなキャラクターに貢献しました。到着した瞬間から味わうことができます。販売している観光レストランを見渡す ブイヤベース、そしてあなたはマルセイユの本当の食べ物がピザであることがわかります クスクス.

長い間離れていた街の創設者でさえ、ある意味では、すべてのテーブルにまだ存在しています。この地域にオリーブの木をもたらしたのはギリシャ人だったからです。 そうすることで、彼らはヨーロッパを永遠に変えました。

民主主義、西洋文明、数学などのささいなことを除いて、これは彼らの世界への大きな貢献であったと言えるでしょう。 ギリシャ人は、ソースから家の照明、入浴まで、すべてにオリーブオイルを使用していました(ローマ人のように、彼らはそれをこすり取る前にそれをこすりました) ストリギル)。 フランスとスペインのすべての植民地にオリーブ畑を確立したフォカイア人のようなギリシャの探検家がいなかったら、地中海の食事はホーマーが呼んだものの周りで育っていなかっただろう ​,war'液体金」、そして世界中のキッチンはそれにより貧しいでしょう。 マサリアは、もともと呼ばれていたように、石油、ワイン、香辛料、金属を取引する場所として設立され、現在も輸出入の場所であり続けています。今日では、ヨーロッパで最大の港のXNUMXつです。 地中海からフランスの運河システムへの玄関口として、マルセイユはスペイン、イタリア、ギリシャ、中東から輸出されたすべてのオリーブオイルが流れる場所でした。 オリーブオイルのこの北方への拡散は、現代の料理に消えない痕跡を残しました。何世紀にもわたって波止場に荷降ろしされたオイルがなければ、パリのジャガイモをソテーしたり、ディジョンのドレッシングをホイップしたりすることはありませんでした。 旧港.

その壮大な古い港は今日、カフェが立ち並ぶマリーナですが、ヴュー港を訪れて通りの名前を見ると、マルセイユにとってオリーブオイルがどれほど重要であるかを知ることができます。 最も大きいもののXNUMXつ、最近ではより多くの正方形が、Place aux Huiles(発音は Plasse-owe-Zweeles、マルセイユのように言いたい場合)。 この広い通りはかつては運河であり、オリーブオイルを積んだボートは、石鹸にされたサント通りのできるだけ近くで荷降ろしすることができました。 運河はその後埋められましたが、石鹸はここで作られ続けています(1688年にそれだけを布告したルイXNUMX世のおかげで フランスの石鹸 ここで作られた、オリーブオイルを使用して、呼び出すことができます サボン・ド・マルセイユ).

マルセイユに根付いたのはオリーブオイルへの欲求だけではありませんでした。 木自体が存続し、独自の産業を生み出しました。 フランスが世界最大のオリーブオイル生産国になることは決してありませんが、プロヴァンスオイルには独特の魅力があります。 湿った、肌寒い冬と燃えるような夏は、オイルに温和な特徴を与えます–大きく、フルーティーで、明らかに素朴で、それらはしばしば豪華な緑です。 あなたが素晴らしいアウトドアのタッチであなたのオイルが好きなら、プロヴァンスは試すべきいくつかの曇った、緑豊かな宝石を持っています。

数分ですか?
今週のクロスワードをお試しください。

今日の最高の郷土料理を定義するのは、このオイルと地元で獲れたシーフードです。 塩に値するマルセイユのレストランで食前酒を注文すると、タプナード、オリーブのペースト、オリーブオイル、ケッパー、アンチョビをまぶした無愛想なパンの小さなスライスがいくつか付いてきます。 地元のオリーブとエクストラバージンオイルを使用して自家製の場合、それはしばしばスターターを打ち負かします。

ヴューポールの向こう側、マルセイユ最古の地区、ルパニエ(その形を表す「バスケット」)の端に、別のPlace auxHuilesがあります。 今回はお店であり、地元の料理のホイッスルストップツアーに参加するのに最適な場所です。独自のオイルは別として、フルーティーでありながら少し繊細なクラシックなプロヴァンスのバージョンです。 オイル、エクスアンプロヴァンス、オートプロヴァンス、ヴァレデボー、ニースのAOC地域からの美しいオイルがいくつかあります。 この地域の蜂蜜は、グラースの近くの広大できらめく青い畑で育つラベンダーの香りが豊かで、オイルも注入されています(オイルはそれ自体を語るのに十分な風味があるはずですが、野生のセップマッシュルームの注入は印象的なバーストを持っていました素朴な森の味)。

マルセイユの地元のビール、ルカゴール(une cagole 丁寧に言えば、楽しみ方を知っている若い女性です)。 そしてカウンターのそばで、大きくて濃い緑色のブロックの不規則な積み重ねで、 サボン・ド・マルセイユ:72%のオリーブオイルで、古代ギリシャ人にぴったりのバスです。

Savon de Marseille
Place aux Huiles、2 Place Daviel、マルセイユ。

関連ニュース

フィードバック/提案