より多くのチョコレートを食べる5の理由

(必要な場合のように)

10月20、2016
チャーリー・ベットリー

Recent News

チョコレートは、気分に影響を与え、感情的な快適さを提供することができる普遍的な心地よい食品です。 チョコレートには、さらに魅力的な健康上の利点もいくつかあります。 チョコレートから最大の利益を得るには、少なくとも70%のカカオ固形分を含む暗い品種を選択する必要があります。 チョコレートをもっと食べる5つの理由は次のとおりです。

心臓保護

チョコレートには、心臓血管系を保護し、心臓病を予防するのに役立つ強力なポリフェノールとフラボノイドが含まれています。 フラボノイドは、いくつかの果物、赤ワイン、緑茶、オリーブオイルにも含まれる抗酸化物質です。 チョコレートはフラボノイドの最も豊富な供給源の-つであり、他のほとんどの食品よりも高レベルです。 いくつかの研究では、これらのフラボノイドも血圧を下げるのに役立つことが示されています。

応力除去

チョコレートには、精神安定剤として作用する鎮静作用があり、ストレスや不安のレベルを下げるのに役立ちます。 チョコレートを食べると、体がエンドルフィンを放出し、気分が良くなり、幸福感が増します。 さらに、いくつかの研究では、チョコレートにはストレス関連の痛みを軽減するのに役立つ痛みを和らげる特性が含まれていることが示されています。

改善された濃度

チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる刺激物が含まれており、カフェインと同様の効果があります。 テオブロミンは、集中力と覚醒の全体的なレベルを向上させることができます。 カフェインとは異なり、テオブロミンは興奮やその他の負の副作用を引き起こしません。 チョコレートを少し食べると、一時的に脳力が高まり、複雑な作業に集中できるようになります。

咳抑制剤

チョコレートに含まれるテオブロミンは、咳を抑えるのに役立つと考えられています。 いくつかの研究では、チョコレートは咳止め薬の主要成分としてよく使用されるコデインと同じように作用することがわかっています。 コデインは眠気などの負の副作用を引き起こす可能性があり、これによりチョコレートは咳抑制のはるかに優れた代替品になります。

PMSリリーフ

PMS(月経前症候群)は、世界中の女性に影響を与える悲惨な問題です。 月経前症候群の症状は女性によって異なりますが、通常、気分のむら、腹部膨満、体重増加などがあります。 チョコレートには、月経前症候群の症状、特に気分のむら、不安、うつ病を和らげるのに役立つ特性が含まれています。

チョコレートは、さまざまな健康上の利点を伴うおいしいおやつです。 ただし、他の高脂肪食品と同様に、チョコレートを食べすぎると体重が増える可能性があるため、食べるチョコレートの量に注意することが重要です。 さらに、少なくとも70%のカカオ固形分を含むダークチョコレートを選択することを忘れないでください。

読者はチョコレートとエクストラバージンオリーブオイルが天国で作られたマッチであることを覚えているかもしれません。 のようなミディアムフルーティーなピクアルをお試しください NYIOOC 金賞受賞 不機嫌そうなヤギ農場 チョコレートアイスクリーム、または 食品ペアリングアプリ 他のチョコレートデザートに最適なオリーブオイルを見つけるために。


広告

関連ニュース

フィードバック/提案