` 世界銀行によると、肥満は発展途上国における「迫り来るエピデミック」であるとのことです。 Olive Oil Times

肥満は発展途上国の「迫り来る流行」であると世界銀行は言う

2月10、2020
コスタス・バシロプロス

Recent News

Α 新しいレポート 世界銀行が発表したところによると、開発途上国の人口には高い肥満率が見られ、肥満は世界の先進国と裕福な国の間でのみ問題であるという一般的な信念を覆しています。

より多くのリソースを最前線に置いて、より深刻になる前に状態を早期に検出および治療し、命を救い、健康結果を改善し、医療費を削減し、準備を強化します。-世界銀行の研究者、ムハンマドパテ

報告書によると、世界の70億人の太りすぎの人々の2%以上が低所得国または中所得国に住んでおり、肥満は健康と経済に重大な影響を与える世界的な課題となっています。

国が経済的に成長し、一人当たりの収入が増加するにつれて、肥満の壊滅的な影響と負担は、貧しい人に向かってシフトし続けます」と報告書の共著者であるミーラ・シェカールは述べた。

肥満レベルが高いため、平均寿命は短くなりますが、発展途上国では今後7年間で障害と医療費が15兆ドルに増加します。

サハラ以南のアフリカ諸国を除き、肥満関連疾患は現在、世界で最も一般的な死亡原因の1975つのうちの-つであり、-年以来、年間-万人の死者を出している。

肥満の流行の主な要因は、超加工された甘い食べ物を食べることや身体活動の制限などの悪い栄養習慣であると報告書は述べていますが、それに立ち向かう効果的な方法は、質の高いプライマリヘルスケアシステムを作成し、他の予防策を実施することです。

これは、健康と経済の両方の観点から理にかなっています」と世界銀行の健康、栄養、人口のグローバルディレクターであるムハンマド・ペイト氏は述べています。 ​,war最前線でより多くのリソースを投入して、より深刻になる前に状態を早期に検出および治療し、人命を救い、健康結果を改善し、医療費を削減し、準備を強化します。」

肥満レベルのさらなる上昇を防ぐためのその他の対策は、消費者の教育、加工食品のラベル表示の義務付け、不健康な食品への課税の実施、塩と砂糖入り飲料の消費の削減、子供向けの栄養プログラムの開発です。



関連ニュース

フィードバック/提案