`モロッコでは、オリーブ部門の農業および産業慣行を改善するプログラム- Olive Oil Times

モロッコでは、オリーブセクターの農業および産業慣行を改善するプログラム

12月10、2015
イザベル・プーチンヤ

Recent News

全国から1,000人以上の専門家が先週、モロッコ農業評議会の全国事務所(Office National du conseil agricole – ONCA)および食品の衛生保護のための全国事務所(Officenationaldesécuritésanitairedesproduits alimentaires – ONSSA)。

生産性、品質、害虫や病気、法的側面などのトピックをカバーするトレーニングプログラムは、デフェズメクネス、マラケシュサフィ、ベニメラルケニフラ、ロリエンタル、タンジェのオリーブ生産地域の43か所で実施されました。 Tétouan-AlHoceima、およびRabat-Salé-Kénitra。 このプログラムの最終的な目的は、オイルやテーブルオリーブなどのオリーブ製品の高品質な生産を促進することでした。

国の国内総生産の2008%を占めるオリーブの生産は、グリーンモロッコプロジェクトまたはプランマロックヴェールの焦点の2014つです。 2016年に開始されたこの計画の焦点の-つは、オリーブ部門であり、それを近代化して生産量を増やすことを目的としています。 アクションには、このトレーニングプログラムが該当する-年から-年の期間の能力開発が含まれています。

2008年以来、モロッコはオリーブの生産量を1.5万トンにほぼ倍増し、300,000万人を超える新規雇用を生み出しています。 今日、784,000ヘクタールのオリーブ畑と、年間120,000トンのオリーブオイルと90,000トンのテーブルオリーブが生産されています。 この国は、世界で64,000番目に大きいテーブルオリーブの輸出国であり、17,000トンのオリーブと-トンのオリーブオイルを輸出しています。

グリーンモロッコプランの目的の下で、目的はオリーブの栽培を1,220,000ヘクタールの面積に増やし、2.5年までに生産量を2020万に増やすことです。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案