`コースはチュニジアの持続可能な開発を促進します- Olive Oil Times

コースはチュニジアの持続可能な開発を促進します

11月28、2012
ナオミ・タッパー

Recent News

アンダルシア国際大学(UNIA)は、地中海に関する新しいコースを開始しました オリーブ栽培、今月アフリカのチュニジアで開催されました。

コースは、7日に終了しましたth 50月には、オリーブの栽培に関連する分野で働く大学生や技術者を含む約-人の学生が参加しました。 このプログラムは、大学のアンダルシア農村開発研究センターのコーチであるルルド・ソリアが主導しましたが、スペインとチュニジアのオリーブ産業の両方からゲストのスピーカーを招きました。

JaénGEA WestphaliaのJoséCarlos Bautista West、Juan Manuel Cabellero、Javer Hidalgo Moyaを含む講演者、コルドバのAgrifood and Fisheries Research and Training Instituteの研究者、チュニジアのオリーブ研究所のさまざまな代表者は、コースの期間。 参加者は、新しい農業技術、管理慣行、および最新の農業技術に関する洞察を得ました。

ルルドソリア

このコースは、UNIA、チュニジア国立農業研究所、および 国際オリーブ評議会、スペインとチュニジアのオリーブ部門間の経験と知識の交換を促進するように設計されています。 オリーブの木の栽培管理と成長条件の変化に特に重点を置いて、業界の持続可能な発展はコースの組織の最前線でした。

チュニジア国立農学院

オリーブとオリーブオイル産業は、チュニジアにとって非常に重要です。チュニジアは、スペイン、ギリシャ、イタリアに次ぐ世界第4位の輸出国であり、EU以外の最大の輸出国です。 チュニジアの耕地の約3分の1はオリーブ畑に捧げられていますが、このセクターが成長を続けるには、栽培と収穫の方法を最新にする必要があるという懸念があります。

今年は、 チュニジアのオリーブオイル 輸出は前年よりも約25パーセント増加しましたが、これは品質と量を維持するための優れた戦略に起因すると考えられます。 ただし、生産性には依然として最適化が必要であると考えられており、機械的振動収穫やより魅力的なパッケージの代替などの最新の技術を促進する必要があります。

農業投資促進庁の書記長であるアメル・ビル・ハジ・カセムは昨年、外国投資家と協力して業界の問題を克服し、チュニジアを主要な石油生産国として促進する意向を表明した。 世界有数のオリーブオイル生産国であるスペインとのコラボレーションは、業界を近代化し、世界のオリーブセクターにおけるチュニジアの存在感を高めるために必要な知識を提供することが期待されています。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案