` ギリシャでオリーブの木が「鋸挽き」に直面-オリーブオイルタイムズ

オリーブの木はギリシャの「のこぎりによる死」に直面する

11月13、2012
コスタス・バシロプロス

Recent News

長年にわたり、ギリシャでは石油が住宅やアパートの暖房の唯一の供給源であり、最近では天然ガスだけが大都市の住人の選択肢になっています。 残りのすべては、特に気象条件が厳しい国の北部地域で、冬の間彼らの家を暖かく保つためにまだ石油に依存しています。

しかし、石油価格が1.40リットルあたりXNUMXユーロに急騰し、今日の財源が不足していることを考えると、人々は暖炉やストーブなどの他の忘れられた暖房手段に頼らざるを得ません。 そのため、前例のない薪の需要があり、政府でさえ、湿った木材が乾いたものとして販売されるのを防ぐために介入しました。 山の樹木は、苦しんでいる市民のために薪を生産するために、違法に数百本に伐採されています。

そして最近、夜中にオリーブの木立が侵略され、オリーブの木が伐採されて消えてしまうという事件がたくさんあります。 クレタ島、コリンシア島、メッシニア島、ユービア島から、貴重な果樹園が破壊されたことに驚いた農民の報告があります。 オリーブオイル業界全体への被害はご​​くわずかですが、XNUMX人の農家や家族への被害は甚大です。なぜなら、彼らはXNUMX年分の供給を確保し、さらに重要なことに、オリーブオイルに大きく依存しているからです。いくつかを売ることからの収入。

危機がもたらす多くの問題の中には、誰も予測できない別の問題があり、経済的資源の消滅は、これまでにないほど私たちの日常生活の多くの側面に影響を及ぼします。

関連ニュース

フィードバック/提案