`ニノディコスタンツォのイルモザイクでちょうどいいオリーブオイルを選ぶ- Olive Oil Times

ニノ・ディ・コスタンツォのイル・モザイコでぴったりのオリーブオイルを選ぶ

7月15、2011
ルシアナ・スクアドリリ

Recent News

今日では、ほとんどすべての平均的なレストランでワインリストを見つけることができます。 ​,warトラットリア」—最も洗練されたものは、リキュール、コーヒー、さらにはウォーターリストも提案しています。

さて、イタリアでは、オリーブオイルリストの時間です。 それが良いニュースか悪いニュースかを言うのは簡単ではありません。 シェフがオリーブオイルに支払う関心が高まっていることを明確に示していますが、それは単なる一時的な流行ですか? 専門家は、小さなグルメレストランがオイルリストやトロリーを管理するのは簡単ではないと主張しています。 一度にたくさんのボトルを開けると、やがて悪臭を放つボトルもあります。 しかし、それをやってのけることができるいくつかの場所があります。 最高の-つは イルモサイコ、豪華なグルメレストラン ホテルテルメマンチ 魅力的なイスキア島、ナポリ湾にあります。

Nino Di Costanzoは才能のあるシェフであるだけでなく、エクストラバージンオリーブオイルに真の情熱を注いでいます。

私は子供の頃、毎日のおやつとしてオリーブオイルと地元のトマトを使ったパンを食べていました。シンプルでありながら美味しいです。 今日、私はオリーブオイルなしでは料理できませんでした」と彼は私たちに最高のイタリアンパスタ、小麦粉、酢、オリーブオイルでいっぱいの巨大なレストランの物置を見せながら言います。 彼は、イタリアの各地域から-つずつ、合計-を収集することができました(イタリア北部の小さな山岳地帯であるヴァッレダオスタを除く)。 -月から-月までの閉店期間中、彼はイタリア中を旅して農場を訪れ、最高の製品を選びます。 ​,warどこから来たのかわかっているオイルだけを使いたいのです」と彼は言います。

優れたエクストラバージンオリーブオイルのこのような包括的な提供で、イタリアで他のレストランを簡単に見つけることはできません。 そして、シェフのディ・コスタンツォと彼のウェイターはそれらの扱い方を知っています。 -つのテーブルのいずれかに着席するとすぐに、特別な歓迎を受けます。軽くトーストした自家製のバゲットと小さな空の皿。 次に、適切な青いテイスティンググラスから匂いを嗅いだ後、オリーブオイルトロリーからどのオイルを使用して充填するかを選択します。 必要に応じて、ソムリエとメートル・アレッサンドロ・パッサグリリがご案内します。

ほとんどのボトルは小さなパッケージに入っており、すぐに空になります。 -日以内に終了しなかった場合、ニノはより大きな毎日のホテルのレストランでそれらを使用し、そこですぐに空にします。

モザイコのオリーブオイルのリストは非常に印象的で、多くは2010年の最高の収穫です。 ウンブリアからのヴィオラによる有名で強烈なイル・シンセロから、ヴェネトからのガンベローニによる珍しく繊細なエクストラバージンまで。 シェフ自身のお気に入りの-つはTerralivaによるシチリアオイルですが、彼は説明します ​,war私が一番好きなのは、全国からたくさんの優れたオリーブオイルを見つけることができるということです。それぞれに独自の特徴があります。」

しかし、彼はゲストに ​,war油で遊ぶ」とはいえ、油自体も彼の料理に大きな役割を果たしています。独創的で創造的で遊び心があり、美味しくて美しいのです。 想像力豊かなデザートを見る インサラタ・ディ・パスタ・ドルチェ。 イタリアの夏の人気料理の古典の珍しい、甘いバージョン、パスタサラダ、そのすべての成分:下部にオリーブオイルマドレーヌとコーンムース。 次に、グラニャーノの典型的で優れた職人技のパスタですが、砂糖シロップで調理され、クリスピーなタギアスカオリーブウエハース、すりおろしたココナッツ、バジルゼリーが添えられています。 側では、 ​,warトマト」(実際にはバジルのハートが入ったプラムゼリー)。 最後に、砂糖でできた小さくて透明なクルーントが、ガルダ湖のアグラリア・リヴァによる繊細で香りのよいウリバオイルの中に隠れています。 あなたはそれを壊します、そしてそれは ​,warデザート全体を「味付け」し、さまざまなフレーバーを圧倒することなく強化します。

エキストラバージンオリーブオイルのもう一つの魔法。

イルモサイコデルテルメマンジホテル
バーニ広場、4
ミッチョラ
イスキア(ナ)
電話+ 39 081 994722
平均価格100ユーロ

www.termemanzihotel.com

関連ニュース

フィードバック/提案