日本

2月16、2021

オリーブオイルはアジアで最も人気のある成分の-つになりつつあります

アジアの-大経済圏では消費と生産が増加しています。 消費者は依然として国内ブランドよりも輸入ブランドを好みます。

6月30、2020

今年のトップブランドの-つの日本のオリーブオイル

日本の生産者は、過去最高の年を World Olive Oil Competition、オリーブ栽培の最新フロンティアの-つが他のフロンティアと競争できることを証明しています。

9月17、2018

EU-オリーブオイル輸出業者に機会をもたらす日本貿易協定

多くのヨーロッパの農産物は、日本に輸出されると減税または完全に非課税のステータスを享受し、EUの農民と輸出業者が127百万人の市場に参入する道を開きます。

6月9、2017

日本、チュニジアとの共同研究を延長

日本とチュニジアのコラボレーションは、食品、化粧品、医薬品の開発に焦点を当てた2021まで続きます。

3月6、2017

「オリーブビーフ」はアメリカのプレートに着陸するように見える

uki岐和牛は、通常の和牛よりも健康的であると認められています。 オリーブを与えられた牛は、オレイン酸、一価不飽和脂肪、およびオメガ-3が多い肉を生産します。

6月10、2015

日本で発売する「オリーブオイルを信じる」キャンペーン

IOCキャンペーンは、伝統的な日本料理で使用する新しいフレーバーを導入しながら、オリーブオイルとその健康上の利点を促進することを目的としています。

5月。 13、2013

日本とインドでのオリーブオイルの渇望

最近のIOCの数字によると、日本でのオリーブオイルの需要の増加ペースは中国のペースを上回っています。

9月17、2012

日本でオリーブオイルを売りたいですか? 小さなボトルを使用する

オイルを小さなボトルで販売し、健康上の利点を強調します。 これらは、世界第3位の経済大国を模索している企業のためのスペインの対外貿易研究所(ICEX)からのヒントの1つです。

4月16、2012

多田敏也のオリーブジャパン

オリーブジャパン2012コンペティションは、OSAJの華やかでダイナミックな創業者である多田俊也氏による、日本でのオリーブオイルの評価を高める3年間の成果の集大成です。

4月12、2012

バルジョール、日本でオリーブオイルキャンペーンを提案

オリーブオイルの栄養と健康上の利点を日本人に販売することは、国際オリーブ評議会によって開発されている新しいキャンペーンの焦点です。