フランスのソープメーカーの決闘としてアレッポの伝統がパリで復活

進行中の戦争がアレッポに自分の工場を開くというサミール・コンスタンティニの計画を終わらせたとき、彼はパリ郊外でシリアの伝統で石鹸を作り始めました。 まだシリアですか? フランスには独自のバブル論争があります。

1月4、2017
ジュリー・アル・ゾウビ

Recent News

シリアの石鹸メーカー、ハッサン・ハラスタニは長年の残酷な戦争でアレッポから追い出され、その間に街の有名なアレッポ石鹸が犠牲者の一人になりました。

かつてアレッポの街を作った路地の迷路は、瓦60に変わる前に約-の石鹸工場を収容していました。 かつて石けん工場から漂っていたオリーブと月桂樹の独特の香り ​,war'アレッポのグリーンゴールドは、煙と腐敗したゴミの悪臭によって長い間圧倒されてきました。

ここでは、自宅で作るのと同じように作ります。オリーブオイル、月桂樹の葉、水のみの天然成分があります。-ハッサン・ハラスタニ

フランス・シリアの医師兼ビジネスマンであるサミール・コンスタンティーニは、2004年にフランスへのアレッポ石鹸の輸入を開始しました。彼の計画は、ハラスタニとともにアレッポ郊外に石鹸工場を開設することでした。 進行中の戦争がこのコンスタンティーニを妨げたとき、パリから30kmのサントニーに工場を開くことに頼りました。 シリアの石鹸メーカーは、オンラインおよびアンジェのショップから、アレッポグリーンゴールドをブランド名Alepiaで販売しています。

コンスタンティーニは、フランスで生産されたアレッポ石鹸が依然としてシリア人であることを強く主張しています。 ​,warトップフレンチシェフがニューヨークにフレンチレストランをオープンした場合、それはニューヨーク料理ではなくフランス料理のままです。 石鹸も同じです。 マスターソープメーカーのハラスタニによって作られているので、適切なアレッポ石鹸です」と彼は主張しました。

ハラスタニは同意しました: ​,war私たちは3,500年前からアレッポの石鹸を作っています-イエス・キリストのずっと前に。 ここでは、自宅で作るのと同じように、オリーブオイル、月桂樹の葉、水のみの天然成分があります。」

アレッポの石鹸作りの伝統を守り続けようと決意しているハラスタニ氏は、次のように述べています。 ハラスタニは、父親から受け継がれた伝統的な石鹸作りの秘密を、フランスの土壌でアレッポ石鹸に変身するオリーブオイルと月桂樹油の大釜に注ぎます。

サミール・コンスタンティーニとハッサン・ハラスタニ

アレッポの石鹸工場が砲撃によって破壊される前に、シリアの石鹸産業はすでに脅威にさらされていました。 1980年代からフランスにアレッポ石鹸を輸出してきたシリアの実業家Safouh-al Deiriによると、2010年にはずっと安価な模造品が本物のアレッポ石鹸として流されていました。

フランス独自の象徴的なオリーブオイル石鹸、 サボン・ド・マルセイユ、現在、独自の激しい戦いに巻き込まれています。 マルセイユ石鹸メーカーの-つのライバルグループは、本物のマルセイユ石鹸を構成するものをめぐって法廷闘争を繰り広げています。 戦う石鹸メーカー間の関係は崩壊し、ライバルは第三者を介してのみ通信するようになりました。

高級化粧品会社ロクシタンが率いるサボンデマルセイユメーカー協会(AFSM)は、石鹸に香水を加える権利を要求しており、石鹸には地理的表示(GI)が与えられていると主張しています。それらを安価な輸入品と区別してください。

伝統主義者は独自の協会、サヴォンドゥマルセイユ専門家連合(UPSM)を設立しました。 彼らの目的はオリジナルのレシピを保護することであり、真のサボン・ド・マルセイユはフランスのブーシュ・デュ・ローヌ地方の職人ソープメーカーのみが生産できると主張しています。

サボン・ド・マルセイユ

本当に ​,war'ソープオペラのスタイルサボンデマルセイユの運命はフランス政府によって決定されます。 GIが付与された場合、Savon de Marseilleは、現在飲食物専用のスタンプを取得した最初の製造アイテムになります。

論争に巻き込まれていないフランスの化粧品会社の-つは、La Maison de Savon deMarseillesです。 同社の範囲には、伝統的なマルセイユ石鹸、香りの石鹸、アレッポ石鹸が含まれます。 彼らはアレッポ石鹸をSavonde Marseilleの前身であると信じており、彼らのウェブサイトに述べています ​,war'もともとマルセイユ石鹸は、シリアに何千年も存在していた石鹸、オリーブオイルと月桂樹の混合物であるアレッポ石鹸に触発されました。

世界最古の石鹸であると信じられているアレッポ石鹸は、クレオパトラの肌を清潔で絹のように保つことに起因しています。 ヨーロッパでは11年にアレッポ石鹸が導入されましたth クルセイダーズによる世紀。



広告

関連ニュース