`世界のリーダーがG7のためにコーンウォールで会ったとき、気候変動は議題を突破しました- Olive Oil Times

世界のリーダーがG7のためにコーンウォールで会ったとき、気候変動は議題を突破しました

6月15、2021
パオロ・デアンドレイス

Recent News

気候変動 世界で最も裕福な7つの自由民主主義で構成される政治フォーラムであるGroupof Seven(G-)のリーダーが、週末にコーンウォールのカービスベイで会合したことで中心的な舞台となりました。

米国、カナダ、日本、英国、ドイツ、フランス、イタリアの指導者たちは、彼らの パリ協定のサポート そして、世界の気温上昇を産業革命前のレベルより1.5℃未満に制限するために協力し続けることに合意した。

私たちの農業、林業、その他の土地利用部門では、私たちの政策が持続可能な生産、生態系の保護、保全、再生、および炭素の隔離を促進することを保証することを約束します。-G7共同声明、 

私たちは努力を加速することを約束します 温室効果ガス排出量の削減 1.5°Cの地球温暖化のしきい値を手の届く範囲に保ち、適応と回復力を強化して、気候変動の影響から人々を保護し、停止し、 生物多様性の喪失を逆転させる、資金を動員し、イノベーションを活用してこれらの目標を達成する」と首脳はサミットで書いた。 最終声明.

関連項目: 気候変動が世界の作物の栄養成分を変化させている

新しい政策を実施するために、首脳は、自国および世界の他の地域での石炭火力発電所の拡大を縮小することに合意した。

world-climate-change-topped-agenda-as-world-leaders-met-in-cornwall-for-g7-olive-oil-times

コーンウォールのG7リーダー

ホワイトハウスによると プレスリリース、G7グループも同意しました ​,war今年末までに、衰えることのない国際的な一般炭発電に対する新たな政府の直接支援を終了すること。」

より広義には、2025年までに非効率的な化石燃料補助金を廃止するという既存のコミットメントを再確認し、移行をサポートするために世界的に解き放たれる可能性のある実質的な財源と明確なタイムラインにコミットする必要性を認識し、すべての国に参加を呼びかけます。」 G7首脳は共同声明で追加した。

さらに、新しい石炭プラントに技術が装備されていない限り、燃料として石炭を含まないエネルギー生産プロジェクトのために、米国、カナダ、英国、ドイツが開発途上国で毎年2億ドル(1.65億ユーロ)の新しい基金を展開します。独自の炭素排出量を把握することができます。

この基金はまた、開発途上国がよりクリーンでより持続可能なエネルギー生産インフラを採用するのを支援するための技術と訓練に投資します。

これらのリソースは、G7の指導者が言った、 ​,war発展途上経済および新興経済における再生可能エネルギーの導入を支援するために、民間部門を含む最大10億ドル(8.25億ユーロ)の協調融資を動員することが期待されています。」

我々は、100年まで、公的および私的資金源から年間82.5億ドル(2025億ユーロ)を共同で動員するという共同先進国の目標を再確認する」と付け加えた。

G7の指導者たちはまた、イノベーションと共通の基準を後押しするために、産業の脱炭素化アジェンダに取り組むことを約束しました。 農業などの重要な分野での排出量の削減、輸送および鉄鋼およびセメントの生産。

私たちの農業、林業、その他の土地利用部門では、私たちの政策が持続可能な生産、生態系の保護、保全、再生、および炭素の隔離を促進することを保証することを約束します」と声明は述べています。

2030年以内に、2010か国のグループは、-年に各国で記録された排出量を半分にすることに合意しました。

関連項目: 2020年は記録上最も暑い年になり、世界で最も暖かい-年を締めくくる

2030年までに、指導者たちはすべての陸と海の少なくとも30パーセントの保護のために働くことに合意した。 この目的のために、英国のボリス・ジョンソン首相は、年間500億ポンド(580億-万ユーロ)も発表しました。 ​,warブループラネット基金。」

海洋汚染の削減、海の保護、 生物多様性、この基金は、ガーナ、インドネシア、太平洋島嶼国などの国々が、バリアリーフや海洋生物の保護に取り組みながら、過度の漁業を抑制するのに役立ちます。

プラスチックのポイ捨ては、G7の指導者たちから、 生物多様性の保全 と海の生物。

A ​,war「BuildBackBetter World」イニシアチブは、インフラストラクチャのギャップを減らすことを目的とした大規模な公的および民間の資金とパートナーシップで発展途上国に到達するために、米国大統領ジョーバイデンによっても発表されました。

詳細はまだ不足していますが、米国のイニシアチブは環境の持続可能性を中心に据え、他のG7諸国の支持を得ています。

経済成長と回復のための私たちのアジェンダの中心は、生産性を高め、新しいまともで質の高い雇用を創出し、温室効果ガス排出量を削減し、回復力を向上させ、ネットゼロを目指す人々と地球を保護するグリーンでデジタルな変革です。 [温室効果ガス排出量] 2050年までに」とG7リーダーも書いています。

これらの戦略は、26月にグラスゴーで開催される次の国連気候変動会議であるCoP-会議でも提案される予定です。





広告

関連ニュース

フィードバック/提案