`エキスポ2015で、あるオリーブオイル生産者の持続可能性への取り組み- Olive Oil Times

Expo 2015で、1つのオリーブ油生産者のサステナビリティへの取り組み

8月3、2015
イレニア・グラニット

Recent News

Expo Milano 2015は、1年31月2015日から-月-日までイタリアが主催する万国博覧会で、食品と栄養の問題に基づいています。 ​,war「地球を養う、生命のためのエネルギー」は、140万平方メートルの構造内に、国、国際機関、市民社会組織を含む1.1人以上の参加者が参加するイベントの中心的なテーマです。

エキスポ2015は世界と話す絶好の機会です。-フランチェスコ・コッピーニ

博覧会は、各国の伝統的な料理と美食の素晴らしさを体験し、会議やコンサートなどのさまざまなパビリオンで開催されるイベントを楽しむことができる推定20万人の訪問者のための世界中からの最高の食品技術のショーケースです。と展示会。

目標は、地球のすべての住民のための健康的で安全で尊敬すべき食物の開発と使用について人々を教育することです。

展示会場は、古代ローマの都市の構造に着想を得て、カルドとデクマノの350つの主軸によって-つのエリアに分かれています。 最初の-メートルの長さは、地域、州、地方自治体、イタリア料理の展示エリアがあるイタリアンパビリオンによって完全に占められています。 -つ目は、- km以上の長さで、他の国のパビリオンに捧げられています。

Bio-Mediterraneumクラスターは、地中海の食事と生活様式に基づいています。 アルバニア、アルジェリア、エジプト、ギリシャ、レバノン、マルタ、モンテネグロ、サンマリノ、セルビア、チュニジア、およびその活動のクラスターの公式パートナーでありコーディネーターであるシチリア地域を接続し、文化の参加と統合に特に重点を置いています。

カルドに沿って、食品および飲料会社(ラバッツァ、サンペレグリノ、グラナロロ、チッテリオ、ビリフィシオポレッティ、マルティーニ&ロッシ)の間で、イタリアパビリオンと提携している唯一のEVOOプロデューサーを見つけました。 コッピーニアルテ Olearia.

オリーブオイルとオリーブツリースクエア(Piazzetta dell'Olio e dell'Olivo)と呼ばれるパビリオンの一部に配置され、テイストアンバサダーがゲストを楽しませ、エクストラバージンオリーブオイルの世界に関する情報を提供します:テイスティングテクニック、フードペアリング、健康利点。 彼らは訪問者をオリーブオイルの試飲体験に参加させ、試飲マニュアルの配布による官能分析のいくつかの基本原則を示唆しています。

エキスポ2015は世界と話す絶好の機会です。 私たちは消費者に意識と知識を提供したいと思っています」とフランチェスコ・コッピーニは述べています。 彼は父親のエルネストと兄弟のパオロ、マッテオ、ピア・ルイージとともに家業を管理しています。

Coppiniは、同社の物流管理はエミリアロマーニャ州パルマにあり、生産エリアはアブルッツォ、プーリア、シチリアにあると説明しました。 これらの地域では、イタリアのオリーブ生産者の協会が会社と協力して、オリーブ畑(ドリッタ(アブルッツォ)、オリャローラとコラチナ(プーリア)、ビアンコリラとノチェラーラ(シチリア)を含む)と圧搾施設を管理しています。

コッピーニアルテのオリーブ畑 Olearia

製造工程は、製品の原産地を明確かつ透過的に確認するために、トレーサビリティの認証とラベルの身分証明書を通じて、工場から顧客のテーブルまで認証されています。

2015年ミラノ国際博覧会のコンセプトに沿って私たちが評価したのは、持続可能な開発に注意が払われていることです。 コッピーニアルテ Olearia 本社は ​,warとして知られている欧州連合プロジェクトに準拠して設計されているため、グリーンファクトリー」 20 – 20-20 これにより、2020年までに再生可能エネルギー源の使用が20%増加し、温室効果ガス排出量が20%削減されます。

この構造は、太陽光発電および地熱システムを使用して得られたエネルギーを動力源としています。 究極の目標は、 ​,war100 – 100-2020”計画。2020年までにクリーンエネルギーを独占的に使用して自給自足を達成します。

シチリア島のカステルヴェトラーノにある私たちの実験工場は、生産のための水の使用を減らす特別なシステムを介して動作し、環境に優しい製造方法をすべての構造に拡張したいと考えています」とコッピーニ氏は説明しました。 ​,war私たちは環境に対して大きな責任を負っており、食料資源の持続可能で公正な分配への取り組みに基づく博覧会の哲学を完全に受け入れています。」

広告

関連ニュース

フィードバック/提案