` ギリシャ人はまだ世界のトップオリーブオイルの口論者- Olive Oil Times

ギリシャ人はまだ世界のトップオリーブオイルガズラー

6月6、2013
ジュリー・バトラー

Recent News

欧州委員会の数字によると、ギリシャは依然として一人当たりのオリーブオイル消費量で世界をリードしており、一人一人が毎年ほぼ18kgを消費しています。

欧州連合における2011/12年の一人当たりのオリーブオイル消費量の表では、ギリシャが17.9kgでトップであり、スペインが12.6kg、イタリアが10.9kg、キプロスが7.5kg、ポルトガルが7.4kgです。

そして、世界の金融首都の1つであるルクセンブルクに住んでいる50万人を超える人々は、平均2.7kgのオリーブオイルをそれぞれ1人あたり平均1.7kgの割合で増やし、フランスとマルタの1人あたり平均XNUMXkgを追い越しました。

スペインの需要は減少

広告

一方、スペインオリーブオイル機関(AAO)の最新の数値では、スペインの国内消費は引き続き減少しており、このシーズンの最初の7か月(10月22から4月2012)は2013パーセント減少しています。 、前4シーズンの平均と比較した18パーセント。 エクスポートもそれぞれ28パーセントと19パーセント低くなっています。

AAOの市場レポートによると、スペインは757,000月末にオリーブ油の在庫が612,900トンでした。今シーズンは62トン(2011/12比68,100%減)で、XNUMXトンを輸入しています。

スペインの生産者価格

スペインのPOOLred価格観測所によると、2.51月の最後の週のスペインのオリーブ油の平均工場元価格は、2.69月の最後の週の2.83ユーロから、85月の最後の週の€XNUMXから、XNUMXキロあたりXNUMXユーロです。しかし、昨年半ばに価格が回復し始めたときのXNUMXセントを上回っています。

スペインのオリーブオイル生産者ラファエル・ムエラは語った Olive Oil Times 彼は、人々が次の収穫がどうなるかを見ようと待っていたので、彼は今後数ヶ月でオリーブオイルのスポット価格にほとんど動きがないと予想した。

花は非常に速く成長しており、いくつかの小さな果物の外観に基づいて、来年は非常に良いものになると思われます」と彼は言いました。

見通しが保持され、価格はおそらく年末に向けて下落するだろう、と彼は言った。

今年の初め(生産者価格が約3ドル/ kgだったとき)には、国際的な消費さえ減ると感じていたので、私たちは恐れていました。」

このレベルの農場は収益性が高いため、全国的に現在の価格で快適です」と彼は言いました。

低価格でもう少し売りますが、農家の世話をしなければなりません。 昨年やXNUMX年前の価格に落とす必要はありません。さもないと農家を失うことになります。」

それらを現在のレベルに維持することで、スペインだけでなく、より健康なセクターに貢献するだけでなく、これらの価格はカリフォルニアや他の場所の農家にとっても良いでしょう。」

コルドバに本拠を置くMuelolivaの共同所有者兼シニアマーケティングバイスプレジデントであるMuela氏は、現在の価格水準が維持された場合、国内市場で販売が回復するとは思わなかったが、少なくともそれらは維持されるか、国際的に少し上昇すると述べた。


関連ニュース

フィードバック/提案