`危険にさらされているオリーブオイルベースの「マルセイユ石鹸」- Olive Oil Times

オリーブオイルベースの危険の「マルセイユ石鹸」

3月8、2013
アリス・アレク

Recent News

Savons de Marseille(マルセイユ石鹸)は、中世以来フランス最古の都市で作られたオリーブオイル石鹸の大きなブロックです。 1688年に制定された法律では、石鹸を次のように分類する前に、厳格な方法を採用する必要がありました。 サボン・ド・マルセイユ。 石鹸は何年にもわたってフランスで多くの人気を博し、シンプルでありながら信頼できる多目的家庭用アイコンになりました。

ただし、特許や保護対策は設定されていません。つまり、誰でも世界中のどこでもサボンドゥマルセイユを作ることができます。

フランスで-番目に大きな都市の石鹸工場は、かつて数百にのぼりました。 今日、マルセイユでは、伝統的な厳格な方法に従って本物の製品を製造している石鹸メーカーはごくわずかです。 しかし、最近の市場には非常に多くのノックオフがあり、Savon deMarseilleのこれらの最後の-つの製造業者は現在彼らの製品を守る必要があります。

本物のグリーン サボン・ド・マルセイユル・セライユ、ある伝統的なマルセイユ石鹸会社は、少なくとも72%のオリーブオイルを含み、大釜で作られ、少なくとも10日間続く-段階の製造プロセスを尊重し、添加物はありません。

これは模倣の場合ではありません。 Savon de Marseilleマークが付いた偽の石鹸は、香水を含み、色が異なり、マルセイユ地域で製造されていません。 サボンデマルセイユのスタンプが付いた石鹸は、アジアで作られていることもあり、オリーブ油で作られていないことも多く、動物性脂肪で作られていることもあります。 ​,war獣脂。」 これらの石鹸は、本物のサボン・ド・マルセイユがいつもそうであったように、低アレルギー性でも生分解性でもありません。

製品を保護することを目的として、マルセイユの製造業者は、食品の場合と同様に、サヴォンドゥマルセイユにも欧州の公式な原産地と品質の認定であるProtected Geographical Indication(PGI)を適用すべきであると主張しています。

ミシェル・ビアンコーニ、ソープマスター Le Fer a Cheval、4つの純正メーカーの1つは、コストと一見長い製造工程にもかかわらず、純正の本物の石鹸を作り続けることが重要であると述べました。

-つの製造業者は、事業を保護し、偽造者と戦うために組合を結成しました。 サヴォン・ド・マルセイユの労働組合 本物のサボン・ド・マルセイユの組成、製造方法、地理的起源を保護するために戦います。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案