` オリーブオイルは古代の建物の保護の鍵となるかもしれません- Olive Oil Times

オリーブオイルは古代建築物の保護の鍵になる

1月15、2013
ナオミ・タッパー

Recent News

ウェールズのカーディフ大学の研究者は、古代の石灰岩の建物をオリーブオイル由来の脂肪酸から保護するように設計された新しいコーティングを開発しました。

オレイン酸とフッ素化物質を組み合わせた新しい製剤は、英国最大の大聖堂の-つであるヨークミンスターなどの建物の劣化の進行に対応して開発されました。

ヨークミンスターなどの建物は西暦600年以来存在しており、二酸化硫黄や酸性雨などの多種多様な汚染物質に悩まされており、石の大幅な劣化につながっています。 この被害は、現代の汚染の結果だけでなく、産業革命における大気汚染物質の増加にまでさかのぼります。

ヨークミンスターや他の同様の建物を以前の栄光に戻す試みは、場合によっては有害であり、実際には劣化を早めました。 しかしながら、この特定の大聖堂の石に新しいコーティングを施すことは良い効果をもたらしました。

新しいオリーブオイル由来の物質を使用して、ヨークミンスターや他の石灰岩の建造物などの建物をコーティングし、汚染物質から構造を保護すると同時に、石に ​,war呼吸します。」 これにより、表面にカビや塩が蓄積しにくくなり、塩分が過剰になると時間の経過とともに石が割れてしまう可能性があるため、保護がさらに強化されます。 この動作により、新しいコーティングは以前に修復で使用されていたものと区別され、多くの場合、石の微細構造がブロックされ、最終的にカビや塩の蓄積が促進されました。

石灰石は空気中の二酸化硫黄や硫酸塩粒子と化学的に反応して劣化を引き起こしますが、新しい物質を-回コーティングすることでこれを最小限に抑えることができます。 コーティングを開発する際、酸性雨をはじくために、チームは疎水性または撥水性の物質を使用する必要がありました。 オレイン酸は、分子のもう一方の端が石灰岩と選択的に反応して水をはじく長い疎水性構造を含んでいるため、これに理想的であると考えられています。

考慮すべき建物の外観と色への影響の問題もありました。 研究者は以前、ヨークミンスターの石の上で亜麻仁油を試していましたが、これは石を変色させて暗くしたため、不適切と判断されました。

ヨークミンスターでのコーティングが成功した後、研究者は、他の多くの古代の石灰岩の建物を同じように保護する可能性があることを示唆しています。



関連ニュース

フィードバック/提案