`スペインの恵まれない子供たちのためのオリーブオイル「ワークショップ」- Olive Oil Times

スペインの恵まれない子供たちのためのオリーブオイル「ワークショップ」

8月10、2012
ナオミ・タッパー

Recent News

ハエンのオリーブ文化博物館への訪問は、この夏地元の家族が主催したスペインの恵まれない子供たちとサハラの子供たちのためのプログラムの一部でした。

子どもたちはさまざまなオリーブオイル教育活動に参加しました。 ​,war地域の代表的な製品の朝食、ガイド付き博物館ツアー、オリーブオイルの試飲の開始など、オリーブの木立を知ってください。

このプロジェクトの目的は、健康食品を取り巻く教育を提供することでした。そうでなければ、その利点、歴史、地域にとっての製品の重要性について学ぶ機会を持たない人たちに。

同名のスペインの銀行が運営するラカイシャ財団は、貧困と社会的排除、若者、健康と文化、環境など、多くの分野で変化を促進するために活動しています。 このプロジェクトは、社会福祉のために財団が組織した多くのプロジェクトの-つです。

アシエンダララグナにあり、19半ばに建てられたオリーブ文化博物館th 世紀、これらのタイプの教育プログラムのホストを務めるだけでなく、訪問者が長年にわたるオリーブの圧搾の進化について見て学ぶことができます。 オリーブとオリーブオイルの種類、品質、使用方法について詳しく知る機会も一般に提供されます。

ラカイシャプロジェクトなどの子供向けだけでなく、エクストラバージンオリーブオイルのより深い知識の開発に関心のある人のために、オリーブオイルの試飲ワークショップも定期的に開催されています。 博物館はまた、地域のオリーブオイルの遺産を取り巻く幅広い教育を提供するために、-月から学校向けのワークショップを開始します。



関連ニュース

フィードバック/提案