`モロッコの都市はアレルギーの懸念を引用してオリーブの木を禁止します- Olive Oil Times

モロッコの都市はアレルギーの心配を引用するオリーブの木を禁止します

9月22、2014
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

ウジダ、モロッコ

モロッコ北東部の都市ウジダは、オリーブの木の花粉によるアレルギーのリスクを理由に、オリーブの木を全面的に禁止しました。 薬剤師でもある市長のオマール・ヒジュラ氏は、オリーブの木が季節の煩わしさの最大の原因の90つであると述べました。 木は、市内の一部の地域のすべての緑の最大-パーセントを占めています。

木が31月-日までに除去されない場合、植物が私有地にある場合でも、市は木を除去し、所有者に請求することになります。 自治体は所有者が都市の境界の外で木を植え替えるか、または販売することを期待しています。

約500,000万の都市であるウジダは、アルジェリアとの国境に近く、地中海から約55kmの場所にあります。

ヒジュラによれば、住民の大部分がこの措置を承認している。 市内には膨大な数の工場があるため、操業には最大-年かかる可能性があると彼は言います。

今シーズン、モロッコは約100,000トンのテーブルオリーブと15,000トンのオリーブオイルを生産しました。


広告

関連ニュース

フィードバック/提案