`多田敏也のオリーブジャパン- Olive Oil Times

多田敏也のオリーブジャパン

4月16、2012
田上リズ

Recent News


多田俊也

今朝、スペイン、イタリア、イスラエル、トルコ、オーストラリア、カリフォルニアのオリーブオイル審査員が、世界で最も豪華なショッピング地区の-つである、控えめな小道にある狭い-階建ての建物に集まります。世界—東京のエネルギッシュな銀座。 日本のトップテイスターが参加し、本社で-つのテイスティングパネルを形成します。 日本オリーブ油ソムリエ協会 第1回オリーブジャパン国際コンペティション。

オリーブジャパン2012コンテストと2日間の消費者マルシェは、OSAJの華やかでダイナミックな創業者兼会長である多田俊也氏による熱心で魅力的な支援により、日本でオリーブオイルの評価を高める3年間の仕事の集大成です。学部長、遠藤智美さん。

イタリア、トルコ、カリフォルニアで定期的に開催されている多田会長は、特徴的な鮮やかな色を身に着け、オリーブ文化を世界中のすべての人々と共有するための楽しいアプローチをもたらしています。 元JPモルガンのエグゼクティブ兼輸入コンサルタントは、オリーブオイルに対する彼の真の情熱を見つけたようです。

本当に、世界中のオリーブの専門家からそのようなサポートを得ることができてとても光栄です。 ここにそのような関心があることに人々は驚いていますが、実際、日本は小豆島のミッションオリーブ農家のおかげで-年以上オリーブオイルの歴史があります。」

遠藤学長とカリキュラムの開発や世界各地のオリーブとオリーブオイルの研究をしていない場合、多田会長は、見本市の文化と言語のギャップを埋め、重要なつながりを作る彼の会社の関与を通じて、日本でオリーブオイルを宣伝しています。 最近では、その専門知識が、オリーブオイルの世界最新の競技会であるオリーブジャパンに関係するようになりました。

140以上のエクストラバージンオリーブオイルが、日本でのブランドに権威を与えることを熱望しているメーカーから、または品質を重視し、ブランドの価値を認識し、ブランドの価値を認める日本市場に参入するための全体的な立ち上げ戦略の一環として、競争のために受け取られました。本物のエクストラバージンオリーブオイルの健康上の利点を高く評価しており、日本は世界で-番目に大きなオリーブオイルの輸入国となっています。

OSAJは、包括的な教育プログラムを通じて日本でオリーブオイルやその他のオリーブ製品の市場を開拓するために2009年に設立されました。 認定プログラムは、オリーブとオリーブの生産の歴史、オリーブの文化、料理の使用、健康上の利点、感覚のスキルをカバーしています。 現在までに、500人近くのジュニアおよび110人のシニアオリーブオイルソムリエが卒業し、追加の候補者が加速して学校に入学しています。 OSAJの卒業生の半数は、昨年の日本の壊滅的な地震と津波から12か月で証明書を取得しました。

ソムリエの証明書保有者は、通常、スーパーマーケットやレストランのほか、知識やスキルのさらなる向上を目指す輸入業者、流通業者、小売業者の製品アドバイザーです。 オリーブオイルは多くの微量栄養素の信頼できる供給源として認識されているため、医師、看護師、栄養士、その他の医療専門家が参加し、OSAJスタッフを講師として、またOSAJ学生を修正します。

広告

関連ニュース

フィードバック/提案