`国連、WHO、WTO、食料供給への脅威のなかで行動を呼びかけ- Olive Oil Times

国連、WHO、WTO、食料供給への脅威のなかで行動を呼びかけ

4月3、2020
コスタス・バシロプロス

Recent News

-つの世界的な組織は、新しいコロナウイルスの大流行を受けて施行された貿易と輸出の禁止の結果として、世界的に食料が不足する可能性があることを警告するまれな共通の声明を発表しました。

Covid-19への対応が、意図せずに不可欠なアイテムの不当な不足を引き起こし、飢餓と栄養失調を悪化させないようにする必要があります。-国連、WHO、WTO共同声明

各国が加速するCovid-19のパンデミックを食い止めることを目的とした措置を講じるにつれ、食糧供給への潜在的な影響や世界の貿易と食糧安全保障への意図しない結果を最小限に抑えるように注意を払う必要があります。国連食糧農業機関(FAO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエス(WHO事務局長)とロベルト・アゼベド(WTO事務局長)は共同宣言で述べた。

貿易障壁と輸出禁止は人々と国、特に最も脆弱な国に害を及ぼす可能性があることを経験が示しているため、彼らは市民のための商品輸送の促進を求めた。

食料の入手可能性についての不確実性は、輸出制限の波を引き起こし、世界市場で不足を生み出す可能性がある」と述べた。 ​,warこのような反応は、食料需給のバランスを変え、結果として価格の急上昇と価格の変動性を増大させる可能性がある」と-人の首脳は記した。

私たちは以前の危機から、そのような措置が低所得の食糧不足国に特に害を及ぼしていること、そして切実に必要としている人々のために食糧を調達するための人道組織の努力に悪影響を及ぼしていることを学びました。

組織は、食品セクターの生産者と労働者を保護する必要性を強調した ​,warこのセクター内での病気の蔓延を最小限に抑え、食品のサプライチェーンを維持するためです。」

次に消費者、そして特に最も脆弱なのは、 ​,war宣言は強調されており、食料生産、消費、利用可能な在庫に関する情報は、パニック購入や食料貯蔵の慣行を防ぐためにすぐに利用できるはずです。

声明は、コロナウイルスの封鎖措置の中で食料の入手可能性を達成することに貢献することを皆にアピールして締めくくりました。

今こそ、連帯を示し、責任を持って行動し、食の安全、食の安全、栄養を強化し、世界中の人々の一般的な福祉を改善するという私たちの共通の目標を守る時です」と理事たちは上訴した。

Covid-19への対応が、意図せずに不可欠なアイテムの不当な不足を引き起こし、飢餓と栄養失調を悪化させないようにする必要があります。」


広告

関連ニュース

フィードバック/提案