` チュニジアのスースが第XNUMX回「MedMagOliva」展を開催-オリーブオイルタイムズ

スース、チュニジア、第XNUMX回「Med Mag Oliva」展を開催

6月1、2015
イザベル・プーチンヤ

Recent News

オリーブ、オリーブオイル、オリーブの木の誘導体のMed Mag Oliva国際展示会は、今年11月にチュニジアのスースで第14版を発表します。 2015年XNUMX月XNUMX日からXNUMX日にスース国際センターで開催された今年のフェアのテーマは ​,warオリーブの栽培に役立つ科学技術。」

これはチュニジアでオリーブオイルセクターに関連する最大のイベントであり、主な目的は商取引の促進、生産技術の共有、サプライヤー間のパートナーシップの促進です。

国際展示会には、官能分析とオリーブオイルの試飲、認証と品質保証に関するコンテスト、シンポジウム、ワークショップが含まれます。

2015エディションは、チュニジアの記録的なオリーブシーズンに合わせて開催されます。 直近のオリーブ収穫の間、収穫量は前シーズンに比べて4倍に増加し、推定280,000から300,000トンに達し、チュニジアは 二位 スペインの後。

この北アフリカの国はオリーブオイルの主要な生産国ですが、国内で消費されるのはごくわずかであり、チュニジアのオリーブオイルの60〜70%が主にスペインとイタリアに輸出されています。 その他の輸出市場には、米国、カナダ、フランス、ロシア、中国が含まれます。 

地元の生産者は、生産と品質をさらに高め、最終的にはオリーブオイルの輸出を増やすことを望んでいます。オリーブオイルの輸出は、現在、国の農業輸出の40%、総輸出の10%を占めています。



関連ニュース

フィードバック/提案