`チュニジアは今のところ世界第-位のオリーブオイル生産国です- Olive Oil Times

チュニジアは今のところ世界第-位のオリーブ油生産国

1月27、2015
イザベル・プーチンヤ

Recent News

チュニジアのオリーブ油の生産量は4倍に増加し、スペインに次ぐ生産量となっています。

チュニジアが2位になったのは初めてです オリーブオイル生産 今年の収穫量は280,000万トンから300,000万トンと推定されており、昨年の400万トンから70,000パーセント増加しています。

スペインの生産量は600,000トンと推定されており、オリーブの収穫が少ないにもかかわらず、再び1位になりました。 イタリアとスペインの多くのヨーロッパのオリーブ生産者は、 非常に悪い収穫 悪天候とオリーブミバエの蔓延のため、チュニジアはエコルドオリーブシーズン.
関連項目: 2014年のオリーブ収穫の完全なカバレッジ
今年、チュニジアでは柑橘系の果物と日付で豊作があり、穀物の収穫量は80%増加しました。

チュニジアは主要なオリーブオイル生産国ですが、家庭で消費されているのはごくわずかです。 オリーブオイルが交換されています 伝統的なチュニジアの食事の他の植物油によって。

チュニジアのオリーブオイルの60〜70%がEU、つまりスペインとイタリアに輸出されています。 チュニジアのオリーブオイルは、米国、カナダ、フランス、ロシア、中国、アラブ諸国など、世界60を超える市場に、80もの異なるブランド名で輸出されています。

チュニジアのオリーブオイルの輸出は、農業輸出の40パーセント、総輸出の10パーセントを占めています。


広告

関連ニュース

フィードバック/提案