`台湾はイタリアのオリーブ搾りかす油に緑色の着色剤が含まれていると主張- Olive Oil Times

台湾はイタリアのオリーブ搾りかすオイルが緑の着色剤を含んでいると主張する

1月9、2014
ジュリー・バトラー

Recent News

オリタリアは最新の輸出業者であり、 オリーブ搾りかす油 緑色の着色剤である銅クロロフィルを含んでいるとされているため、台湾によって拒否されました。

テストの確実性に関する国際的な懸念の中で、台湾の食品医薬品局(TFDA)は、イタリアのサプライヤーからの約17トンの出荷は、化合物が検出されたため、破棄または返送する必要があると発表しました。

Googleで翻訳されたTFDAWebページのスクリーンショット

オリーブオイルのブランドであると主張するオリタリア ​,war「世界で最も流通している」というのは、島のナンバーワンのオリーブ搾りかすオイルのサプライヤーです。

スペインの会社であるフェローサプライヤーのVidoriaは、テストで陽性を示した後、台湾の港で8メートルトンのオリーブ搾りかす油を取り残しています。

台湾では、さまざまな企業が罰金を科せられた台湾での食用油スキャンダルの拡大を受けて、このようなすべての出荷からサンプルを採取していると理解されています。より安価な綿実油と銅クロロフィリンを使用—詐欺と誤ったラベル付けで16年の刑務所に入れられました。

専門家によると、化合物はオリーブ搾りかすとグレープシードオイルに自然に含まれている可能性がある

合成銅クロロフィリンは特定の食品では許可されていますが、植物油では許可されていません。 安価なオイルに追加する-と呼ばれる ​,war緑化」—オリーブオイル、特にエクストラバージンオリーブオイルとしてそれらを渡すことを試みるために時々使用されるトリックです。

しかしとして 報告 先週までに Olive Oil Times、セビリアにあるスペインの油脂研究所の石油専門家Wenceslao Moredaは、既存の試験方法では、オリーブ搾りかす油またはグレープシード油の場合の化合物の陽性結果を述べています。 ​,war着色剤の添加ではなく、自然に形成されたものに対応するかもしれません…」

この件に関するモレダの報告がスペイン当局から台湾に送られたと理解されています。

イタリアの輸出業者は台湾への介入を求めています

そして 先月の手紙 台北のイタリア対外貿易協会(ICE)に、オリーブオイルと種子油の包装業者を代表するイタリア石油産業協会のASSITOLは、そのテストは ​,war「銅クロロフィルの最小存在」は ​,warオイルを着色するために必要なレベルよりもはるかに低いレベルで生成されます。

ASSITOLは、台湾でのイタリア産オイルの輸入および流通に対するあらゆる措置の停止を求めるために、TFDAと連携するよう機関に依頼しました。

TDFAとオリタリアは、コメントのリクエストにまだ回答していません。

指名されないように求めた別の業界メンバーは、台湾が国内の食用油市場の不規則性を隠すためのスケープゴートとして外国のサプライヤーを使用していると感じたと述べた。


関連ニュース

フィードバック/提案