`インドの輸入データの不一致を調査するオリーブ評議会- Olive Oil Times

オリーブ評議会、インドの輸入データの不一致を調査

5月。 29、2013
ジュリー・バトラー

Recent News

国際オリーブ評議会は、インドの急速に成長している市場でのオリーブ油取引に関するデータが、ほとんどの輸入品が精製オリーブ油であるのに対し、インドオリーブ協会ではオリーブ搾りかすが優勢であることを示す理由を調査しています。

As 報告 in Olive Oil Times 今月初め、昨シーズンのインドのオリーブオイルの輸入は74/2010年に11%増加しましたが、合計はわずか9,400トンでした。

IOCの18月のニュースレターのデータによると、インドの輸入のほぼ9分の-は、オリーブオイルグレード、-%の未使用、-%の搾りかすに分類されました。

しかし、インドオリーブ協会によると、輸入のはるかに高い割合は オリーブ搾りかす油.

インドのオリーブオイルとオリーブ搾りかす油の輸入の大部分を占めるイタリアとスペインからの輸入をカバーするイタリアの全国石油貿易業者連盟(Federolio)の数字に基づいて、インド協会は2011-12年の収穫年に処女18-31年のそれぞれ51、21、41%と比較して、石油は輸入の37%、オリーブオイルは2010%、オリーブ搾りかす油は11%を占めました。

フェデロリオのデータはスペインとイタリアの税関データに基づいているため、正しいはずです」と、インドオリーブ協会のシャブナム・パリーク事務局長は語った Olive Oil Times.

IOCのスポークスマンはコメントを求められ、そのデータは輸入国の公式ソースから来たと述べた。

インドの特定のケースでは、IOCの輸入額を提供するソースであるGlobal Trade Information Servicesへのデータを容易にするのはインド商務省です。 輸出データの場合、データをIOCに直接提供するのは輸出国自身です。」

IOCはこの不一致に留意し、その問題を加盟国に提出して、違いの原因を特定しようと試みます」とIOCは述べました。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案