関税が課されて以来、スペインへのスペイン産ブラックオリーブの輸出は半減

8月の2018で関税が課されて以来、スペインのオリーブの生産者と輸出者は50百万ドル以上を失いました。

9月18、2019
ダニエル・ドーソン

Recent News

スペインのオリーブ生産者とパッカーは、以来45.5百万ユーロ(50.1百万ドル)を失いました。 ブラックオリーブの輸出に対する関税の賦課 スペインのテーブルオリーブの輸出業者および産業家協会(Asemesa)によると、昨年米国によって。

スペインを代表する テーブルオリーブ 生産者協会によると、17年18.7月から2019月の間に米国へのブラックオリーブの輸出による予想収入は8,325万ユーロ(50百万ドル)減少しました。これは、生産者が今年の上半期に2017トンのブラックオリーブを米国に出荷したためです。 -年の同時期と比較して-%の。

売上高のほぼ30パーセントを失っている企業があります。-アントニオ・デ・モラ、アセメサの事務局長

さらに、関税が課された8月の28.5から年末までに、推定31.4ミリオン(2018ミリオン)の損失が発生しました。

この失われたビジネスは、小さな家族経営の農場から大規模な産業包装業者まで、あらゆるタイプのオリーブ生産者に打撃を与えています。 アセメサ事務局長のアントニオ・デ・モラはこう語った。 Olive Oil Times その収益の損失は、 関税 そのまま残ります。

関連項目: 関税ニュース

過去のキャンペーンでブラックオリーブの需要が低かったため、ブラックオリーブの生産に使用されていた品種の価格は、畑で20パーセント以上下落し、今年も同じかそれ以上が起こります。 ​,war離職率のほぼ30%を失っている企業があります。」

広告

関税とは別に、アセメサはすでに法的費用に5ミリオン(5.48ミリオン)を費やしており、プロセスが終了する前にさらに2.5ミリオン(2.74ミリオン)を費やすと予想されています。

世界 欧州連合 また、オリーブ生産者に代わって世界貿易機関に苦情を申し立て、関税の正当な根拠があるかどうかを検討するためのパネルが結成されました。

De Moraは、WTOが最終的にEUとスペインのオリーブ生産者に有利になると信じていますが、これらのプロセスは一般的に実行に長い時間がかかります。

長くて複雑なプロセスですが、これが当てはまると確信しています」と彼は言いました。

プロセスが行われました さらに複雑 超国家組織への新しい裁判官の任命を阻止した米国による。聴聞の手続きを遅らせ、新しい苦情を無期限に裁定する。

27%の関税が課される前は、スペインは米国にアメリカのブラックオリーブの輸入の-分の-以上を供給していました。

この フィギュアはその後落ちています わずか36%にまで低下し、スペインのテーブルオリーブ輸出競争相手の一部が踏み込んだ真空を作り出しました。

スペインの輸出は半分になりましたが、ライバルの輸出業者は合算した米国への輸出が260パーセント増加しました。 エジプト、モロッコ、およびポルトガルは、関税が課されて以来、すべて大規模な衝突を経験しています。

モロッコはこれまでで最大の勝者であり、輸出は460パーセント増加しました。 一方、ポルトガルとエジプトも同じ期間にそれぞれ189パーセントと149パーセントの増加を経験しています。

デ・モラは、関税がすぐに取り消されると、スペインは失われた土地を取り戻すことができると考えています。 しかし、関税が引き下げられると、彼は米国市場が前述の競合他社に負けてしまうのではないかと恐れています。

[有利な判決]がすぐに得られれば、確かに[スペインは以前の市場シェアを取り戻すことができます]、関税が維持されれば市場での地位を回復することは不可能です」と彼は言いました。

しかし、欧州の当局者はすでに、これらの関税を撤回することは難しいと考えています。 今週の初めに、退任する欧州貿易委員であるセシリア・マルムストロームは、米国が関税を撤回する可能性について悲観的でした。

我々はこれらの関税を米国と終わらせる方法について話し合っているが、これまでのところ成功していない」と彼女はマドリッドのニューエコノミーフォーラムで述べた。

その間、オリーブ部門のde Moraやその他の人々は、EUとスペイン政府からのさらなる支援を求めています。 多くの生産者はすでにブラックオリーブの新しい市場を探していますが、これも遅いプロセスです。

企業は他の市場での価格競争に陥ることなく売り上げを伸ばすために可能な限りのことをしているが、短期的および中期的には[生産者がオリーブの新しい市場を見つけることは]不可能である」とデモラは述べた。

彼は、スペイン政府とEUは、生産者がすでに被った損失を支援し補償するための基金を設立すべきであると付け加えたが、それはまだ起こっていない。

私たちは、なぜEUもスペインもこれで私たちを助けていないのか理解していない」とデ・モラは言った。





広告

関連ニュース

フィードバック/提案