` イズミルが最初のオリーブオイルテクノロジーフェアを主催- Olive Oil Times

イズミルが初のオリーブオイル技術フェアを開催

3月7、2011
Umut Egitimci

Recent News

オリーブオイルとテクノロジーフェア、または オリーブテック、3月-日に開催されましたrd-6th トルコのイズミルで。 イズミル国際見本市などの見本市を専門とする会社であるIZFASが主催するOLIVTECHは、トルコのイズミルに国内および国際的な産業を結集させました。 トルコ国立オリーブおよびオリーブオイルコンソーシアムの貢献により、OLIVTECHはオリーブおよびオリーブオイル生産者のセクターのプラットフォームとなり、出展者および訪問者に生産技術の専門家とともにセクターの代表者と連絡を取る機会を提供しました。

展示会の開会式で、イズミルのメトロポリタン自治体の副社長SırrıAydoğanはスピーチを行い、オリーブオイルのビジネスは心から来なければならず、意欲と情熱によってのみ起こり得ることを思い出させました。 彼は言った; ​,warイズミルに住んでいる間にオリーブオイルを味わわないことは可能ですか? まず私たちの国にオリーブオイルを導入し、それから国内消費の増加に取り組むべきです」。

国立オリーブおよびオリーブオイル評議会の会長ムスタファ・タン また、このフェアの助けを借りて言及するスピーチをしました、 トルコは国際オリーブ協会のメンバーになりました 再び。 彼は言った、 ​,war10万人の人々がお金を稼いでおり、さらに発展させ、オリーブ畑を保護し、160億1.5千万本のオリーブの木を大きくするために、法的な保護が必要です。 私たちの目標は、5人あたり-リットルの国内消費を最大-リットルまで引き上げ、スペインに続く-番目の生産量にすることです。」

イベントのオープニングに出席したのは、イズミル副議長のBulentBaratalı、副知事のMustafa Aydin、ボルノバ市長のKamil OkyaySındır、CHP Izmir議長のTacettinBayır、イズミール商工会議所のNecip Kalkan議長、イズミール商工会議所およびArtisans議長他の業界団体の代表者および業界の代表者。

120の参加企業が参加したこのフェアは、トルコのオリーブとオリーブオイルの生産の中心地であるエーゲ海地域の首都のような美しい都市イズミルで、地中海の味と技術の素晴らしい出会いとなりました。

フェアには、もちろんオリーブとオリーブオイルの製品グループ、ボトル、ケースとバレル、コルク、クロージャーと包装材料、生産技術、貯蔵ユニット、レストランとサービス機器、有機生産、協会、財団、組合、業界出版物が含まれていました。

-日間のフェアでは、ブルガリア、フランス、ジョージア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ヨルダン、ルーマニア、ロシア、スイス、チュニジア、ウクライナからの専門的な訪問者がいました。

訪問者と参加者は、オリーブオイル技術博物館とウルラゼイティネリビレッジオリーブオイルワークショップについてのレベントケステムの写真展に強い関心を示しました。 タイトル ​,war失われた価値観」展は、フェアに異なる次元を与えました。 一方で、の組織にはおいしい次元がありました ​,warフェアの範囲内で「オリーブオイルで調理された料理の祭典」。 オリーブオイルに関するパネルとディスカッションは、業界の問題に注目を集め、専門家や専門家にとって有益なプラットフォームを作成しました。

関連ニュース

フィードバック/提案