オリーブ評議会、ヨーロッパオリーブ油中の汚染物質の制限に関する協力

IOCはEUに、精製された植物油に含まれる化学物質3-MCPDを安全に消費できる限界値を伝えました。

精製植物油​​には化学物質3-MCPDが含まれており、高濃度で人の健康に危険を及ぼす可能性があります
7月8、2019
ダニエル・ドーソン
精製植物油​​には化学物質3-MCPDが含まれており、高濃度で人の健康に危険を及ぼす可能性があります

Recent News

国際オリーブ評議会 (IOC)に推奨事項を提出しました 欧州連合 (EU)オリーブオイルで安全に消費できる潜在的に癌性の化学物質のレベル。

グローバルを統治する超国家機関 オリーブオイルの品質 基準では、1.25キログラムあたり3ミリグラムが、オリーブオイル中の化学物質である3モノクロロプロパンジオール(またはXNUMX MCPDエステル)を安全に消費するためのしきい値であるとEUに伝えています。

EUにはオリーブオイルに関する十分なデータがなかったため、オリーブオイルが2.5キログラムあたりXNUMXミリグラムのグループに含まれるリスクがあったでしょう。-IOC事務局長

3‑MCPDエステルは、精製プロセス中に一部の植物油や加工食品に誤って添加されます。

EUにはオリーブオイルに関する十分なデータがなかったため、オリーブオイルが2.5キログラムあたりXNUMXミリグラムのグループに含まれるリスクがあったでしょう」とIOC事務局は 月刊ニュースレター.

関連項目: オリーブオイル品質ニュース

特定の植物油の脂肪の種類に応じて、3-MCPDエステルは、2.5キログラムあたり1.25ミリグラムまたはXNUMXキログラムあたりXNUMXミリグラム未満の濃度で有害であるとは判明していません。

広告

特に、精製プロセスがないため、バージンオリーブオイルには定量可能な量のこの有毒化合物が含まれていないことがデータから明確に示されました。

オリーブオイル搾りかすと精製オリーブオイルのしきい値は、IOCによって1.25キログラムあたりXNUMXミリグラムであることが判明し、社内の研究者と加盟国の両方に、結果をEUに渡す前に安全性のしきい値を個別にテストするよう依頼しました。

EUは、国連食糧農業機関(FAO)によって行われた別の研究が欧州食品安全機関(EFSA)とは異なる結論に達した後、3-MCPDエステルの耐容性の1日摂取量に関する安全基準を改訂しています。 )元の研究がした。

元の研究と改訂された研究を行った科学グループの議長であるクリスター・ホグストランド氏は、EFSAは国連のFAO / WHO合同食品添加物専門委員会がその後異なる安全レベルを確立した後、評価を検討することを決定した。

3‑MCPDエステルを高濃度で摂取すると遺伝毒性があることが示されています。つまり、 。 国連の報告書はまた、3-MCPDエステルが腎臓の損傷を引き起こし、男性の生殖能力を低下させる可能性があることを発見しました。

発達と生殖、特に男性の生殖能力への影響に関するデータを再確認しました。これらは[レポート]で強調されました」とホグストランド氏は述べています。 ​,war腎臓および男性の生殖能力に起こり得る悪影響が生じる可能性のあるレベルを計算しました。 更新された耐容一日摂取量は、両方のタイプの効果を保護します。」

IOCは、今年の3‑MCPDエステルの安全閾値に関する調査結果について議論しました 評議会会議、モロッコで開催されました。

会議では、組織は、オリーブオイル中の鉱油と多環芳香族炭化水素(HAP)の存在を測定する方法についても議論しました。

これらの汚染物質はすべて基本的にどこにでもありますが、可能な限り低い存在を保証するために削減に向けて取り組むことが重要です」とIOCは述べました。

モロッコでの会議を締めくくるために、IOCは2018リングテストの結果を議論し、 残留農薬。 組織は、これらのテストを続けて、オリーブオイルと他のオリーブ製品に許容される最大残留限度を決定すると述べました。

また、フィールドアプリケーションから最終製品への農薬の変換係数に関してより多くの情報が必要であるため、データを求め、IOCでの今後の議論のため、および潜在的に提供されるために、より多くの研究所に連絡することも強調されましたEFSA」とIOCは述べました。





関連ニュース

フィードバック/提案