`「オレオツーリズム」がイタリアで法制化- Olive Oil Times

「オレオツーリズム」はイタリアで法律になる

1月31、2020
イレニア・グラニット

Recent News

オレオツーリズム イタリアでは非常に多くの関心を集めており、イタリアの 2020年の予算.

新しい法律によれば、1月-日から、ワイン観光部門を規制する規定 ​,warオリーブオイルの観光活動に拡張されています」と用語を定義しました ​,war'期間中に行われたすべての活動としてのオレオツーリズム オリーブの木の栽培、収穫および 石油生産 プロセス; オリーブオイル製品の試飲とマーケティング。 そして、すべての活動は、オリーブ工場や果樹園でのレクリエーションや情報提供を目的としています。

オリーブオイルは、領土を暗示する要素であるだけでなく、Walk Through the Olives Treesなどのイベントの成功によって示されるように、関心の高まりに照らして潜在的な観光名所になります。-ベルガモ大学ロベルタガリバルディ

全米オリーブオイル都市協会の-周年に発表された最新の数字は、このセクターの成長の可能性が高いことを示しています。

オリーブオイルをテーマにした体験は、観光の文脈で関連性を増しています」とベルガモ大学の観光管理の教授であるロベルタガリバルディは言いました。 ​,warオリーブオイルは、領土を暗示する要素であるだけでなく、次のようなイベントの成功によって示されるように、関心の高まりに照らして潜在的な観光名所になります。 オリーブの木を歩くに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

関連項目: オレオツーリズムニュース

彼女のレポートで ​,warガリバルディは、観光客が農場を訪問し、製品を購入し、生産活動に積極的に参加することに関心があると述べました。バージンオリーブオイル。

ガリバルディが調査した人の64%は、オリーブ畑での芸術活動に興味があるとも述べています。 一方、57%は、会社とそれが運営されている地域について知りたいと答えています。 さらに-%が、所有者と直接会って交流することに関心があると述べました。

オリーブオイルの試飲も大きな魅力の79つであり、インタビューを受けた人の69%は、オイルを地元の食べ物と組み合わせたいと述べています。 別の-パーセントは、オリーブ畑での没入型料理体験に参加したいと報告しています。

強い感謝が 歴史的な工場と古代のオリーブの木、調査対象者の70パーセントと76パーセントがそれぞれサイトを訪問し、サイトについて詳しく知りたいと考えています。

さらに、イタリア人観光客の大部分は、さまざまな種類のエクストラバージンオリーブオイルを味わいたいと思っており、レストランでは、メニューと組み合わせたオリーブオイルのリストを見つけたいと考えています。 これについては、スタッフの説明を歓迎します。

これらの発見は、オリーブオイル観光客の好奇心と積極的な参加を刺激できる、より幅広いセグメント化されたサービスを構築する可能性を高めます」と、ガリバルディ氏は言いました。 ​,warこれらのすべての側面を満たすために、オペレーターを訓練することが不可欠になります。」





広告

関連ニュース

フィードバック/提案