今年のトップブランドのXNUMXつの日本のオリーブオイル

日本の生産者は、過去最高の年を World Olive Oil Competition、オリーブ栽培の最新フロンティアのXNUMXつが他のフロンティアと競争できることを証明しています。
山 富士(写真:クレアファーム)
6月30、2020
パオロ・デアンドレイス

Recent News

日本についての意識の高まり 健康上の利点 オリーブオイルの量は、地元の生産者の堅調な市場に燃料を供給しています、彼らの何人かはまた彼らの高品質の製品のために世界中の注目を集めています。

東アジアの国の生産者は、過去最高のXNUMXつの賞を受賞しました。 2020 NYIOOC World Olive Oil Competition、XNUMXつのゴールドおよびXNUMXつのシルバー賞を含みます。

地元の食べ物を食べることで人々は健康を保つと信じられているので、私は私のエクストラバージンオリーブオイルが私たちの特定の環境を高く評価する人々に楽しんでいただければ幸いです。-加藤カイ氏、グリーンバスケットジャパンオーナー

世界で最も権威のあるオリーブオイルの品質競争の勝者の中には グリーンバスケットジャパン、それは家に持ち帰りました XNUMX年連続金賞 Any Varieties Blendブランドの

XNUMXつの日本のオリーブ油-この年の上位ブランド-オリーブ油-時間

グリーンバスケットジャパン

同社のオーナーである加藤カイ氏は、 Olive Oil Times 今回の受賞は、東京に近い小田原と南足柄にオリーブ畑があるというユニークな場所もあり、自分にとっても会社にとっても大きな意味があります。

関連項目: 日本発の最高のオリーブオイル

「彼らは、多くの意味で、日本で栽培されているオリーブの国境地帯を代表している」と彼は言った。 ​,warここでオリーブを栽培するために、私は同様の厳しい気候で繁栄するさまざまなオリーブの木の品種を研究しました。」

専門家や最新の研究へのアクセスがほとんどなかったので オリーブ栽培 日本では一人で行かなければなりませんでした」と加藤は付け加えました。

その結果、Leccino、Mission、Kalamata、Halkidikiの木を栽培し、得られたオリーブの収量をブレンドして世界クラスの製品を製造しています。

しかし、私の目標は、私たちの土地で栽培されたときに各品種の特異性を完全に表すことができるオリーブオイルを生産するために、単品種を瓶詰めすることです。

冒険を始めた加藤 オリーブオイル生産 約XNUMX年前、彼の哲学を彼の油に注ぎました。

両親が小田原でイタリアンレストランを経営していて、オリーブオイルがいつもテーブルにあったからだ」と語った。 ​,war子供の頃から、簡単に答えられないものに夢中になりました。 オリーブ栽培はそのXNUMXつです。」

加藤はまた、彼はまた、 進藤.

人々は、彼らが住んでいる地域の環境やその製品から切り離すことはできない」と彼は言った。 ​,war地元の食べ物を食べることで人々は健康を維持すると信じられているので、私は私のエクストラバージンオリーブオイルが私たちの特定の環境を高く評価する人々に楽しんでいただければ幸いです。」

日本の他の優勝したプロデューサーの中には、 江田島オリーブカンパニー、繊細なブレンドのペアで金銀賞を受賞しました。

XNUMXつの日本のオリーブ油-この年の上位ブランド-オリーブ油-時間

江田島オリーブ

この農場は、国の南にある広島からそれほど遠くない場所で運営されており、農業革新に特化したプロジェクトの成功を象徴しています。

約10年前からオリーブの栽培を始め、江田島市と地元の農家の協力を得て生まれました」と同社営業部長の山口徹氏は語った。 Olive Oil Times. ​,war目標は、放棄された農地を復元、再利用、再耕作することでした。」

以前はこの地域でみかんの農業がたくさん見られましたが、若い世代はより良い収入を求めて大都市に移動し始めました」と彼は付け加えました。 ​,war最近では、地元のコミュニティの助けを借りて、この新しいプロジェクトを立ち上げて土地を活性化し、若者にとってより魅力的なものにしています。」

江田島オリーブ社は、ミッション、ルッカ、ネバディロブランコなど、さまざまな品種の木を育てています。これらはすべて江田島のブレンドに使用されています。

また、コラティーナ、フラントイオ、レッチーノも栽培していますが、それらの木はまだ非常に若いです」と山口氏は語った。

農場はオリーブオイルを自社の二相工場で生産し、収穫後わずか数時間でオイルが抽出されます。 山口氏は、自分の油から新鮮で緑の味を常に探しているので、日本食の風味を引き立たせると語った。

東京の南西約90マイル、象徴的な富士山の陰に位置し、 クレアファーム、受賞した日本のプロデューサーのもう一人。

同社の専務取締役である奥村達也氏は、 Olive Oil Times 2020年にシルバー賞を受賞した NYIOOC XNUMX年前のブランドを、本来あるべき方向に沿って正しく方向付けます。

XNUMXつの日本のオリーブ油-この年の上位ブランド-オリーブ油-時間

クレアファーム

当初から、私たちは国際大会で認められる可能性のある高品質のオリーブオイルの定期的な年間生産を目指していました。 ​,war経験豊富なアドバイザーのサポートを得て、独自の気候がもたらすいくつかの課題に取り組みました。」

オクマル氏はまた、日本の食文化が急速に西洋化するにつれて、クレアファームエキストラバージンオリーブオイルのアイデアが生まれたと述べました。

オリーブオイルの使用は 急速に増加するが、ほとんどの輸入製品は鮮度に欠けていた」と奥村氏は語った。 ​,war私たちは地中海諸国を旅していて、新鮮なオリーブオイルの味に衝撃を受けました。」

地域を活性化するプロジェクトでは、海外から著名な専門家を招き、最新の技術に投資し、日本に欠けているオリーブオイルの文化的基盤を自分たちに与えることに焦点を当てて、私たちは冒険を始めました」と奥村は付け加えました。

XNUMXつの日本のオリーブ油-この年の上位ブランド-オリーブ油-時間

クレアファーム

農場では現在、イタリアとスペインの12種類のオリーブの品種を実験しています。それらはすべて、地元の天候にどのように適応するかを注意深く監視しています。

毎年恒例の台風による農場への被害を抑えるために、私たちの気候と激しい嵐のリスクを考慮して、土壌の準備と樹木の強力な根系の確立に多くの注意を払いました」と奥村氏は語った。 ​,war木々の行動を監視および学習するための管理システムを実装しました。」

新しく設立された若い農場は日本のオリーブオイル生産者の大部分を代表していますが、2020年 NYIOOC 審査員団はまた、XNUMXつの製品の世界クラスの品質を 日本オリーブカンパニー、70年以上の経験を誇っています。

岡山を拠点とするプロデューサーは、牛窓と牛窓スーペリアでそれぞれ金と銀の賞を受賞しました。 XNUMXつの中程度のブレンドは、牛窓の丘で育てられたスペインの品種から主に作られています。

XNUMXつの日本のオリーブ油-この年の上位ブランド-オリーブ油-時間

クレアファーム

1942年にオリーブの栽培を開始し、1949年以降は化粧品用オリーブオイルの製造と販売に重点を置いて事業を開始しました。」プロダクトマネージャーの吉田康弘と研究責任者の中川健一は語った。 Olive Oil Times. ​,warその年、国が直面した多くの不足のためにオリーブオイルの高い需要がありました。」

私たちはオリーブオイルの品質に誇りを持っています」と吉田氏は付け加えました。 ​,war私たちは常にテストとプレス技術の両方を改善するために努力しています。 私たちの創設者は、味、薬、健康のユニークな組み合わせとしてオリーブオイルを定義しました。」

牛窓エクストラバージンオリーブオイルは、1995年から自社で製造し、2005年から毎年瓶詰め・流通しています。

ミッション、ネバディロブランコ、マンサニージョなど、オリーブの木の品種の特徴を知っています」と中川氏は語った。 ​,war私たちは、果樹園のモニタリング、オリーブの手摘み、プレス前の各オリーブのチェックに投資しています。」

チームにはプロのテイスターがいて、プレスされたすべてのロットをチェックして、さまざまな品種からブレンドを製造するのに最適なものを選択できるようにしています」と彼は付け加えました。


関連ニュース

フィードバック/提案